古処山  860メートル
四季折々の魅力持つ柘植の原生林の山

古処山の山頂   古処山への登山は甘木市の秋月から登るルートが一般的である。甘木バスセンターから秋月の野鳥まで西鉄バスが運行されている。夏期には、登山口近くのだんご庵までバスが入る。車の場合はキャンプ村入口の駐車場を利用する。

 ここからしばらくは谷川に沿って舗装された坂を上っていく。キャンプ村を過ぎると山道になる。登山道はよく整備されている。特に危険箇所もない。指導標もきちんとつけられているので迷うことはない。地元の小学校では四年生全員が登っているらしい。

 沢沿いの道なので夏場の雨の後は涼しさ満点である。沢蟹を踏まないように注意しながら四十分ほど登ると、ひょっこりと駐車場に出る。ここは最近舗装されて車は入りやすくなった。ここから古処山に登るとずいぶん楽である。
秋月から望む古処山  これから傾斜が急になる。うっそうとした林の中を登る山だったが、平成三年の台風で倒木が相次ぎ、見晴らしがよくなった。

 やがて水舟に出る。ここの水でのどを潤して一息つこう。古処山頂まではあとちょっと。お地蔵さんに手を合わせて進み、最後は岩をよじると山頂に着く。ここから江川ダムを見おろし、天気のいい日は九重も眺められる。山頂付近には柘植の原生林があり、天然記念物になっている。

 往路をそのまま引き返してもよいし、馬見山から小石原に向かう縦走もいいが、ここでは八丁越方面に降りる周遊コースを紹介しよう。古処山から西の尾根をたどる。山城跡の広場を過ぎ、嘉穂町からのルートを右に見て、展望のよい稜線を行く。傾斜が緩やかで歩きやすい。林道に出て指導標に従って進むと車道に出る。車道をしばらく歩き、指導標に従って再び山道に入る。八丁苑キャンプ場を通って、再び車道を横切って降りていくと、だんご庵に出て山旅もフィナーレになる。ここの夏の涼しさは格別だ。店もあるので休んでいこう。
だんご庵は夏は涼しい  夏の雨上がりの古処山はお勧めだが、冬も素晴らしい。平成八年十二月一日に福岡山の会で登ったが、この時は大雪に見舞われた。頂上近くは三十センチ近くも積もっていた。古処山は四季を通して味わえるいい山だ。下山後の秋月散策もお勧めしたい。

【タイム】
登山口(四十分)中腹駐車場(四十分)水舟(十五分)古処山(四五分)八丁苑キャンプ場(四十分)登山口

▼2万5000図=甘木
▼古処山から屏山を経て馬見山に至り、小石原の嘉麻峠に下山する縦走ルートは楽しい。古処山から小石原まで所用五時間ほど。
▼秋月は筑前の小京都と呼ばれ、半日観光には最適の所だ。秋月城跡、秋月郷土館、黒門茶屋、秋月焼きなどがある。下山後に散策するとよい。
▼車の場合は大分自動車道の甘木インターから登山口まで所用二〇分。

トップページへ戻る    あまぎあさくらの山紹介へ戻る