明星山           〜福岡県久留米市〜

    一九九九年三月一四日(日) 明星山 福岡山の会
竹の子(9:35)→沢ルート→(10:30)明星山(11:00)→尾根ルート→中道ルート→(11:35)竹の子

 平成六年三月に福岡山の会に入って五年経った。係はこれで六回目だ。平成七年三月に古処山、平成八年三月に四阿屋の岩、一二月に雪の古処山、平成九年三月に鷹取山、平成一〇年三月に耳納連山縦走、そして今回が明星山である。山の名前はいいが、朝日新聞の「近郊の山ある記」に紹介されるまで私はこの山の存在を知らなかった。先日NHKテレビの特集で脇坂順一先生が明星山を歩かれているところが紹介されていた。

 天気があまり思わしくないようだ。参加申し込みも少ない。当日の朝は曇っているが、まだ降っていない。八時一〇分に家を出る。西鉄久留米駅にMさん御夫妻とSさんを迎えに行く。竹の子まで来ると、車で見えられたHさんが待っておられた。今日の参加者は結局5名。天候がよくないのに参加していただいてありがたく思う。

 小雨が降り始める中を傘を差して出発する。脇坂先生の「炭焼き小屋ルート」でなく、「沢ルート」を進むことにする。のんびりと歩いたが、あっさり登頂した。私がカメラを忘れたので、松本さんのカメラで記念撮影。下山は尾根ルートから中道ルート。竹の子に降りてくる頃には雨足が強くなる。

 竹の子から高良山に歩いて登るはずだったが、車での登山に切り換える。森林公園の駐車場に着いたときはまだ発心山や鷹取山が望めたが、やがてガスも深くなり、雨も本降りになった。売店の東屋で昼食。雨の中を雨具を着けて登っている人もいた。家族連れがここに住み着いている犬にパンを取られていた。暴走族の車がやかましかった。
  
                                              

  

トップページへ戻る   福岡山の会のページへ戻る