砥石山・三郡山           〜福岡県宇美町/筑穂町〜

               
             一九九八年五月四日(月) 砥石山・三郡山 読書会
昭和の森公園(9:15)→林道終点(10:05)→縦走路(10:25)→(11:45)砥石山(12:35)→三郡山→難所が滝→(17:15)昭和の森公園

 モロさんに誘われて三郡山地の登山をした。参加者は村上一朗さん夫妻、タナカさんである。昭和の森公園の駐車場に集合する。そこから三郡山への縦走路を目指す。私が知っているルートは二本あるが、最近この山域を歩き回られている師岡さんが見つけられたルートで登ることになった。林道を五十分ほど登ると行き止まりになり、登山道になる。この道を二十分の登りで縦走路に飛び出したのでびっくりした。

 これから砥石山に向かう。この縦走路は三郡縦走の圧巻である。何度か休憩するが村上さんの奥さんから氷砂糖をいただいた。砥石山の頂上で昼食。のんびりと食べた。村上一朗さんがハーモニカを吹かれていた。サクタ君が高校生になったということで教育談義にも花が咲いた。

 三郡山を経て河原谷分岐の手前から下山する。これもモロさんが御存じの一般には知られていない自然がいっぱいのルートである。難所が滝に急降下する、ややスリルのあるルートだった。

 下山後に登山口近くにある「まんだらや」という喫茶店に寄った。最近流行の五行詩の本などもあり、ユニークな店だった。夏には上高地に行こうかというような話をして盛り上がっていた。                                 

トップページへ戻る     個人山行日記へ戻る   読書会のページへ戻る