鷹取山        〜福岡県浮羽郡田主丸町/吉井町〜

              一九九八年四月一九日(日) 鷹取山 ヨシキ・ユリ
         平原公園(10:15)→(12:25)鷹取山(13:25)→車道→(15:20)平原公園

 ヨシキもユリも成長してきた。ヨシキは七歳十か月、ユリは五歳六か月である。最近よく山に登っているので、今回はやや厳しい登山を試みた。鷹取山は体力が続かなければ中腹の車道から下山すればよいと考えて選定した。
 
 平原公園から元気に登っていく。頼もしい二人だ。岩のゴツゴツしたところも平気で進んでいく。途中で登山道が変わっていて、廃道になった薮の中を歩いたりもした。しかしくじけることなく、いつの間にか鷹取山の頂上を極めてしまった。
          
   頂上でコンロでラーメンを作って食べる。ここで元同僚のSさんとKさんに出会った。Sさんは家族連れだった。八女市にお住まいのKさんは最近山登りに意欲的なようだ。この日は鷹取山は賑わっていた。車でも登れるので便利な山だ。ヨシキとユリは鷹取山の山頂に「秘密基地」を作って探検していた。記念撮影をして下山する。二人が疲れ気味なので山道の下山は心配だと判断して、車道をゆっくりと降りた。鷹取山はそういう意味でも都合がよい。。

 鷹取山のような大人でも登りに九十分かかるような山にヨシキ・ユリが登れたことの意義は大きい。これからが楽しみだ。   

トップページへ戻る   登山日記目次へ戻る