油山           〜福岡市〜

一九九八年四月二六日(日) 油山 福岡山の会
                      妻・ヨシキ・ユリ
市民の森入口(10:40)→油山市民の森→県木の森→(12:40)油山(12:50)→県木の森→(13:40)油山キャンプ場                                             

油山の山頂にて
   福岡山の会の油山登山には昨年も家族四人で参加した。油山は奥が深いいい山だと思う。今回は到着が遅れて、市民の森の駐車場がいっぱいだということで、市民の森入口の駐車場からてくてく歩くことになった。

 市民の森の上部には遊具があり、ヨシキとユリは遊びたがるので閉口した。県木の森を経て登って行くがヨシキが元気がないので心配した。原因はリュックサックの中味が重すぎたことで、私がリュックを持ってやると、たちまち元気になった。

 油山を往復してキャンプ場に着くと、福岡山の会の人たちは既に宴たけなわであった。パンやシチューをいただいて食べた。賑やかな宴会の後で写真撮影。会報「せふり」に家族四人とも写っていた。

 市民の森から市民の森入口まで車に乗せていただいた。恐縮である。その後で筑紫野市のアクアフォーレに行って、汗を流してゆっくりとくつろいだ。ここの炉端焼きで夕食も済ませて帰った。昨年も油山の後でアクアフォーレに行っているので、これはわが家の定番になった。 

トップページへ戻る   登山日記目次へ戻る