四阿屋の岩           〜佐賀県鳥栖市〜

   一九九六年四月二一日(日) 四阿屋の岩 福岡山の会
                  鳥栖市四阿屋(10:00〜14:40) 

 福岡山の会に入会して二回目の係だ。今年四阿屋の岩登りは四回計画されているが、残りの三回は二月・七月・八月だ。寒くもなく暑くもない今回が気候的には一番よい。前回二月のIさんの係の四阿屋の岩登りは参加者五名で淋しかった。それで私は精力的に電話をかけまくった。延べ三〇人ほどの人に連絡を取った。

 しかしこの時期は行事が多く、都合の悪い人が相次いだ。三郡縦走カントリー大会や原鶴温泉自転車レースと重なった。岳連の総会とも重なった。春山合宿目前の人は宝満山にボッカ訓練に出かけていた。

 そんな中で当日九時二〇分に西鉄小郡駅に、Hさん・Aさん・Tさんを迎えに行った。Hさんは二年前に入会されたそうだが、休日の休みがほとんど取れないので、会の山行は今回が初参加の由。以前岐阜県にいて、そこで岩登りの経験はあるとのこと。Aさんとは私は四阿屋で何度か御一緒している。Tさんは野北での岩登りの経験があるそうだが、四阿屋は初めてとのこと。

 四阿屋の駐車場に着くと、誰もいない。しばらく待っているとKさんとYさんが現れる。Kさんは春山合宿のリーダーで、この時期は準備に忙しいのに、私たち初心者の指導のためにわざわざ顔を出してくださった。Yさんは夜勤明けである。警察の夜勤は四時間ほどしか眠れないそうだが、その足で四阿屋に駆けつけてくださった。

 現地に着いて、左側の初心者ルートにザイルを張ってもらう。Hさん・Aさん・Tさん・私の四人はYさんとKさんの丁寧な指導を受ける。Hさんはヘルメットを着用されて本格的な格好をなさっている。Aさんの真っ赤なハーネスは素敵だ。Tさんもこの日のために新品のハーネスを購入されている。
                                              

熱心に指導されるYさん

  午後から人数が増える。出張帰りのIさん、城山でボッカ訓練を終えたOさん、自転車レースを終えてMさんが現れる。Oさんは子連れで現れる。新入会のKさんも来てくださった。Tさんは六歳のユウコちゃんを連れていらっしゃった。ユウコちゃんは写真撮影の際にはYさんにダッコされていた。Yさんにはうちのヨシキ・ユリもお世話になっている。Yさんは芯から子供好きのようだ。天気も良く明るく楽しい一日だった。総勢一二名の参加で盛況だった。

 私は四阿屋の係を毎年一回はしよう。四阿屋には一昨年は一回、昨年は六回足を運んだ。今年はこれで三回目だ。年間一〇回ぐらいは行きたいもの。回数を確保するためには、城山・九千部山の登山と絡めたり、ヨシキ・ユリを連れてテントや渓流遊びをもくろんだりといった工夫が必要だろう。 

トップページへ戻る   福岡山の会のページへ戻る