四阿屋の岩           〜佐賀県鳥栖市〜

      一九九五年一一月一二日(日) 四阿屋の岩  イトウさん・ヤマモトさん・ヨシキ・ユリ
                   【鳥栖市四阿屋10:30〜12:30】

 この前日が福岡山の会の年に一度の総会だった。山の会に入って一年八カ月になるが、昨年の総会は仕事と重なったので参加できずに、今年は初めての総会参加になった。来年度の山行プランをもらえたので良かった。総会の後で懇親会になるが、その場で色々とお話しした。五月の大崩山の山行に参加して以来、半年にわたって山の会の活動から遠ざかっていた。仕事のせいと、日程が合わなかったことによる。

 ここでイトウさんとヤマモトさんに「明日四阿屋に行くから来ないか」と誘われた。この日は私は午前中が仕事、そして子守をしなければならない。朝仕事に顔を出した後で、ヨシキとユリを連れて出かけた。朝倉インターから鳥栖インターまで高速を使えば、短時間で行ける。駐車場からゲレンデまで歩くが子連れではなかなか歩きがいがある。崩れ掛かった細い橋をユリは怖がるが、ヨシキは難なく渡っている。
                                              

四阿屋の岩場で遊ぶ
 ゲレンデに着くと、イトウさんとヤマモトさんが二人でエイトマンを登られている。クライマーはその他に二人ぐらいだ。ヤマシタさんは宮崎に行かれているらしい。スプリングギャルに挑戦する。五月一三日以来、半年ぶりの岩だ。緊張する。半分ほど登って挫折する。翌日になって脇腹がこわった。岩登りは定期的にやらないと駄目だ。

 ヨシキとユリはヤマモトさんに可愛がられていた。ヤマモトさんは子供好きだ。ヨシキはヤマモトさんに怪獣の話を一生懸命していた。それをヤマモトさんは真摯に聞き入られていた。四阿屋は子供連れで来るにもいいところだ。水があるから夏は特にいい。
  

トップページへ戻る   登山日記目次へ戻る