丸山           〜福岡県篠栗町〜

      一九九五年四月一六日(日) 山祭り(丸山) 福岡山の会(妻・ヨシキ・ユリ)
              御霊社(10:40)→(10:50)丸山(12:15)→(12:25)御霊社

 福岡山の会の山祭りには昨年も参加した。昨年は篠栗の岳城山というところであった。昨年はヨシキとまりちゃんと三人で参加した。今年は歩行時間が一〇分程度ということもあって、家族四人全員での参加になった。この丸山という山は粕屋町にある。標高八〇メートルあまりの丘である。私の登山日記に登場する一番低い山になるだろう。しかしなかなかいいところだった。

 出発が遅れたので現地到着も遅くなった。甘木から太宰府を経て、粕屋郡に着く。バイパスができて太宰府市街を通る必要がなくなってので運転には便利になった。丸山に近づくと「御霊社へ」の表示が目に付く。麓の神社に駐車して四人で歩き始める。短いが急な坂で息が切れる。ユリが甘えて母親におんぶしてもらう。山頂に着くと広々としている。天気もよい。展望も楽しめる。すでに式典は終了して宴会が始まっていた。Tさんが機嫌よく妻に挨拶をされる。

 ここで一時間半ほど楽しい時間を過ごした。豚汁がおいしい。妻が山の会の行事に出席するのは初めてだが、くつろいで楽しんでいたようだ。宴は盛り上がっていた。Mさんが私を「坊ちゃん」だと評していた。

 ヨシキとユリはMさんの孫のアユミちゃんとケンちゃんに遊んでもらっていた。ヨシキとケンちゃんは昨年もテントの中で遊んでいるのだが、ヨシキはすっかり忘れていた。ケンちゃんはヨシキと同じ四歳、アユミちゃんは小学校三年生である。子供四人ははしゃいで山頂周辺を走り回っていた。アユミちゃんは宝満山、四王子山、天拝山などに登ったそうだ。はきはきした性格のいい子と妻がほめていた。あゆみちゃんや健君と一緒に山に行けたらとは思う。
         
                         

トップページへ戻る   登山日記目次へ戻る