四阿屋の岩           〜佐賀県鳥栖市〜

    一九九四年三月六日(日)  四阿屋の岩 福岡山の会
                       鳥栖市四阿屋(10:30〜15:00)

 福岡山の会の山行に初めて参加した。鳥栖の四阿屋での岩登り初級技術の講習会だ。先日Sさんの奥さんに送ってもらった「せふり」には「未経験者の参加を望む」とのことだったので、これはぜひとも参加したいと思った。実はこの日は古処山あたりに登ることにしていたのだが、それをお断りして参加することにした。集会当日に係のKさんに参加を申し込んでいた。

 鳥栖は甘木から近い。四阿屋は九千部山の麓にある。岩登りのゲレンデは駐車場から歩いて一〇分だ。沢沿いの道だ。この道もなかなか風情がある。途中に九千部山への登山道が分かれている。九千部山へはここからも登れるのかと感心しながら歩いていった。現地は思っていたよりも狭い空間だ。大小の石が多くて、注意して歩かないと落石を起こしてしまう。

ここで昼食をはさんで四時間半に渡って過ごした。参加者は二五人ほどだった。ハーネスのつけかた、ロープの結び方を教わる。ブーリン結びというロープの結び方が何回習ってもできないので、自分の不器用さにあきれてしまう。高さ一五メートルほどの初心者向きの岩に三度挑戦する。他の人は二分か三分で登って降りてこられるのだが、私は一回目は一五分、二回目三回目も一〇分もかかった。私が岩にとりついて動きが取れずにどうしていいか分からないときには下から適切なアドバイスがあった。またYさんはロープの確保もなしに私の前後左右に登ってこられて、懇切丁寧な指導をしてくださった。長時間にわたって私のビレーをしてくださったのはIさんだ。お世話になりました。

時間がかかったことや自分の力でルートを発見したわけでないという問題点はあるが、目標としたルートの全てを一応三度に渡って登ることができたので、私の岩登りに対する苦手意識の克服はできたようだ。これから積極的に参加しよう。岩登りは時間を食わないので半日だけでも結構登れる。土曜日の午後に四阿屋に来てもいいわけだ。
                                              

  

トップページへ戻る   福岡山の会のページへ戻る