古処山(やまびこ会)    〜福岡県朝倉市〜

           2006年8月27日(日) 古処山  やまびこ会
    秋月登山口(9:20)→(11:30)古処山(13:40)→八丁越→(15:10)秋月登山口

 やまびこ会のオフ会に久しぶりに参加した。CJNさんが企画されて地元の古処山登山となれば参加しないわけにはいかない。喜んで参加させていただき、当日を心待ちにして迎えた。
 
                                              

あるく


    古処山でのオフ会には思い出がある。2001年3月にやまびこ会のオフ会が開かれた。私はこの時初めてやまびこ会に参加させていただいた。雨の中40名ほどの参加者があった。秋月キャンプ場で鍋があり、ななちゃんや当時小4のヨシキ、小2のユリもやってきた。そのあと、やまびこ会に入会させていただいた。

 2002年8月にはキッズクラブのオフ会を行った。子供が大勢参加してソーメン流しなどもやった。夏男さん、しろしかさん、nueさん親子が参加した。この年にヨシキは小6、ユリは小4だった。良い思い出である。

 月日は流れ、親子登山専科だった私も一人で山に出かけることが多くなった。ヨシキは高1、ユリは中2なので当然かも知れない。今回も私一人での参加である。秋月キャンプ村の駐車場に行くと、車がいっぱいだった。キャンプをされている方が駐車されているので、時間が経つとスペースがあくようにもなる。

 CJNさんが早々に見えられて参加者の駐車スペースの世話をなさっていた。なかむとしさんやダンブルさん、りんどうさんも見えられた。会員更新の苦労や時期のウェブマスター決めなどについてお話があっていた。私が入会した時には60名程度だったやまびこ会の会員も200名近くになり、人数の上では盛況であるが、このところオフ会が少ないのは残念である。私もかつてキッズクラブのオフ会を企画したが、最近はやっていないのでまた考えてみたいと思う。

 CJNさん、なかむとしさん、ダンブルさんと登り始める。夕立が続いた古処山は水が豊富で谷川の水が勢いよく流れている。歩き始めると本当に気持ちよい。水害での崩壊箇所がいくつかあり、自然の猛威について思いを至らせていた。

 途中で以前の勤務先で一緒だった人と会った。夫婦で古処山に登られていた。3年前に長者原で会ったこともある。そのときは法華院に泊まると言われていた。月に一度程度、黒岳に登っているとのこと。天狗岩まで登ることもあるし、時間がない時はソババッケまでで引き返すこともあるという。短い時間だったが、話が弾んだ。こんなところで懐かしい人に会うのは奇遇だと思う。

 天気はよいが、このところ夕立が多い。曇ると涼しいが雷雨にならないかと不安になる。体力的にはきつい。みんなにはついていけずに遅れがちになる。蝉の声が心地よい。標高が上がってくると微風が吹いていて気持ちよい。

 古処山の頂上に着くと、やまびこ会の皆さんは集合されていた。最初は15人ほどで食事を始める。遅れて見えられた方も入れて24人で自己紹介を行った。2時間ほどにわたって和気藹々の楽しい時間を過ごすことができた。

 Kさんは近所にお住まいの方で、甘木のふっくんの知人だということだった。これからおつき合いしたい。今回朝倉市在住の会員はよく参加していた。豊津の信ちゃんからは手作りのソーメンをいただいた。薬味まで付いていて本格的だった。私が昨秋に「三四郎の森」などに行った話をして、豊津のローカルな話で盛り上がった。日田のりんどうさんからいただいた梨も美味しかった。

 解散直前に、やまいちごさん夫妻、コジロウさんも現れてますます賑やかになった。みなさんはツゲの原生林、もみじ谷経由で降りられたが、私は八丁越え方面に周回した。だれても会わずに静かな下山だった。だんだんと曇ってきて、遠雷が無気味で不安に思いながら下山したが、最後の20分間だけ雨になって雨具を着用した。

 だんご庵は家族連れと恋人で賑わっていたが、雨のため退散する人が相次いでいた。登山口に着くと、なかむとしさん、ダンブルさん、ますもさんが到着されていた。やがてCJNさんも帰ってこられて、今日の労を労ってお別れした。

 やまびこ会の会員歴は5年半になる。最初の年はよくオフ会に参加した。ヨシキもユリもよくついてきてくれた。親子登山の仲間と出会うことも出来た。子供が大きくなるに連れてなかなか参加できなくなった。この1,2年はやまびこ会のオフ会そのものの回数が減少してきていた。

 こうやって参加すると、楽しいし、交流も深まる。私はパーチャルな人間関係でなくリアルな関係を大切にしたい。ネットで交流する人とは1年に1度は顔をあわせるべきだろうと思う。これからもオフ会などには参加していきたいものだ。

沢は水量が多い


山頂の歓談


山頂の歓談2


いただいたソーメン


あいさつ


全員集合


トップページへ戻る   登山日記目次へ戻る