高坪山         〜福岡県飯塚市〜

                  06年7月9日(日) 高坪山  単独
八木山渓流公園(9:35)→(11:05)西部分岐(11:10)→(11:35)高坪山(11:50)→(12:30)沢(13:10)→(13:40)渓流公園
                                              


高坪山頂


 梅雨の突然の晴れ間を利用して山に出かけた。雨続きのため、目配山、大平山が多かったが、久しぶりに比較的遠くの山に登ることができた。暑いということで、涼しい山は古処山と高坪山が考えられるが、古処山は5月に歩いているので高坪山にした。

 自宅を8時に出て、秋月から白坂峠を越えて、飯塚から八木山峠に出て、ナビが渓流公園まで案内してくれた。1時間半で着いた。渓流公園の橋は狭く、道はデコボコなので、いい車や大きい車は駐車場まで入らない方が良いと思う。

 大雨後の後で水量が多くて、滑りやすい。注意しながら歩く。沢蟹もいた。沢が増水していて渡るのに苦労した。この山はこの数年、4回登っているがこれほどの水量は初めてだ。これまでの長雨で増水している。ハイキングシューズで来たのは失敗だった。登山靴を履いてくるべきだったと後悔した。靴が泥だらけになってしまった。

 西部分岐付近で、八木山本村からの登山者に一人会った。高坪山への道が分からないというので教えたが、そのあと会うことはなかった。

 高坪山への登路は息が切れることが多かったが、今日は滑りやすいということでゆっくり歩いたので、時間はかかったがきつくはなかった。

 高坪山の山中は携帯が圏外になっているが、山頂は通った。休憩しながらミクシィが出来る幸せを味わっていた。15分間だが、ひとりで休んでいた。山頂の憩いだ。

 下山して、沢沿いを引き返しているときに蛇に出会った。倒木をよけながら歩いている不自然な姿勢の時だったので嫌だった。とても怖かった。悲鳴を上げてしまった。

 沢沿いの適当な場所を見つけて昼食にする。セブンイレブンのソーメンとおにぎりだ。のんびりと過ごした。

 帰りは割合乾いていて、歩きやすくなっていた。渓流公園では家族連れが水遊びやバーベキューを楽しんでいた。カップルも見かけた。のどかな光景だった。

 帰りに八木山展望台に立ち寄った。ここからの飯塚市街の眺めはよい。明治100年記念の展望台もある。明治100年とは1968年のことで、今から40年近くも前になる。「皇太子殿下手植えの木」があったが、この皇太子は今上天皇のことだろう。

 嘉穂の湯に寄って入浴、マッサージもしたかったがふさがっていて残念だった。 

水が多い沢


沢蟹


高坪山を彩る花1


高坪山を彩る花2


狭い渓流公園入口の橋


八木山峠の明治百年記念展望台


飯塚市街


皇太子殿下手植えの木


トップページへ戻る   登山日記目次へ戻る   2005年5月の福岡山の会の記録
2005年5月の下見の記録
      2003年9月の高坪山    2004年7月の高坪山