久住山       〜大分県竹田市〜

                2006年7月30日(日) 久住山  単独
赤川荘(8:40)→台地(10:20)→(11:50)久住山(12:00)→神明水→南登山口(15:35)→(16:20)赤川荘

 くじゅうに出かけた。本当は娘と二人で法華院温泉に泊まりたかったが、中二ともなるとなかなか日程をやりくりするのが難しい。一人で出かけることになった。

 5時半に甘木を出て、高速道路で日田まで走る。それからかつてはよく通った松原ダム、杖立温泉、小国、瀬の本高原を経てくじゅうに向かう。車がティーダに代わり、カーナビが付いてはじめてこのコースを走った。朝霧が深くて、神々しい感じがあった。
                                              

久住高原から仰ぐ早朝の阿蘇高岳・根子岳


  今日は赤川ルートで久住山に登ろうと計画している。くじゅうで今登りたいコースは、男池からの大船山、八丁原からの涌蓋山、黒岩山・泉水山、七里田からの大船山などあるが、竹田に行きたいと最近とみに思うようになった。下山後に竹田に行くのに地理的に便利なところ、登山に時間がかからないところということで、久住山赤川ルートを選んだ。

 久住高原の朝はすがすがしい。阿蘇山方面がとてもいい感じだ。車を止めて写真撮影をした。

 赤川荘の近くには登山者専用の駐車場がある。立派なログハウスのトイレつき駐車場だ。40台止められるが、今日はそれほど多くはなかった。7時半に着いて睡眠不足だったので、少し仮眠をとる。8時半過ぎに歩き始めた。

 このコースは登山を始めた頃に何度か登った。最近では4年前の夏にしげさん、じんさんと登っている。

 赤土の雨の後は滑りやすい道を登っていく。運動不足なので、のんびりと歩く。登るに連れて久住高原の展望が開けてくる。雄大な景色だ。見晴らしのいい台地で休憩する。とても気持ちよい。
 上部は何箇所か危険箇所がある。これまで何度か登ったが、ガスが深いときには気にならなかったが、見晴らしがいいときには高度感が感じられ、高所恐怖症の私には怖かったところだ。このルートはよい精神鍛錬になる。

 下山してくる人と何十人もすれ違った。結構朝早くから登られているようだ。

 山頂近くは岩の間を歩くようになる。やがて久住山頂に出た。山頂は人が多い。山頂には輪ゴム、缶のふた、ビンのかけら、ビニールなどのゴミも目立っていた。山頂の気温は20度で、晴れているが暑くはなく、気持ちよかった。

 赤川に引き返すか、南登山口に降りるか迷ったが、赤川ルートの下りは滑りやすそうなので南登山口に下山することにした。稲星山との鞍部に降りるが、この付近から、くじゅう連山の山々を見渡すと雄大だ。

 神明水に降りるとグループの登山者がいたのでお互いに写真撮影をする。牧の戸から登って、天狗が城、中岳、白口岳、稲星山を登り、これから久住山を踏んで帰るという。くじゅうはそういう登り方が出来るのが楽しいようだ。私は経験がない。

 神明水にはかなりの水があった。梅雨明けして間がないので、梅雨の長雨の時期にくじゅうに降った水が山中に染み込んで流れ出しているようだ。

 南登山口コースではほとんど人に会わず静かな下山を楽しむことが出来た。夏草が茂っていて、何度か枝道に入り込んでしまった。赤川ルートに比べて整備がなされていないと感じた。
 途中で食事にした。セブンイレブンのソーメンとおにぎりを食べた。ペットポトルを4本用意していたが、今日は暑いので全部飲んでしまった。午前中は暑さを感じなかったが、午後の南登山道は暑くなった。ユリと3年前の夏に南登山口から登ろうとして暑さと虫のために断念したことがあった。あれ以来ユリは夏のくじゅうに拒否反応を起こしている。午後2時頃の厚さはそのときのことを思い出させてくれた。

 猪鹿狼寺本堂跡は看板だけで草ぼうぼうになっていた。やがて冷たい水が流れる谷川だ。この辺まで登ってきて水遊びをしたことも子供が小さいときにあった。やはり水量が多い。顔を洗うと気持ちよい。

 南登山口にまっすぐ降りて国道を通って赤川に戻ると時間がかかるので、赤川荘への近道を通れないかと考えた。道が迷いやすくないか、危険ではないかということが心配だが、踏み込んでみた。しばらくは問題ないがやがて半トラバースの道になった。単独の歩きだし、久しぶりの長い歩きで疲れてもいる。もしも転落しても他の登山者は通らないだろう。これは避けるべきであるということで引き返した。15分のロスタイムだった。

 このあとはゆっくりと歩く。くじゅう花公園に出て、国道沿いに作られている花公園の散策路を歩いて、赤川のほうに戻った。赤川荘への登りはかなりきつかった。最後は足が棒になるの例えどおりだった。出発して帰るまで8時間近く経っていた。

 不思議なもので車に帰り着くと元気になった。時間が遅くなっているが、予定通り竹田に行ってみることにした。

 竹田の町に到着したのが午後5時だったので、岡城は入場券売り場が閉まっていた。訪れた観光客が帰りかけているところだった。 滝錬太記念館は場所がよく分からなかった。改築中だったのかもしれない。

 竹田駅で土産の「荒城の月」を買おうとしたが、夕方で店が閉まっていた。竹田は昼間に来ないとだめだということが分かった。また落ち着いて訪れたいと思う。今回は下見だった。

 大林宣彦監督の映画「なごり雪」に岡城が出てくる。この映画は臼杵が主な舞台だった。私は日田で観この映画を観た。大林監督は「22歳の分かれ」という大分県を舞台にした映画をまた作られるそうだ。

 私は学生時代に竹田を2度訪れている。熊本から豊肥線に乗ってきて、竹田駅から岡城まで歩いたような記憶がある。記憶はぼんやりしています。

 同じ年の夏に自動車の運転免許を取ったあと、友人と二人で熊本市からドライブに来た。「やまなみハイウェイを飛ばしたい」ということで、阿蘇からくじゅうを走った。 ところが、久住町で事故を起こした。 運転していたのは友人で、助手席の私が彼の名を呼ぶと、彼は左側の私の方を向いた。 道路が右カープなので、車は左側のガードレールを突き破り道路外に転落してしまった。 左側は牧場だった。 車は一回転した。

 車は大破して廃車になったが、私たちはかすり傷程度で無事だった。 近くの自動車整備工場の方に助けられ、竹田駅まで車で運んでもらい、豊肥線で熊本に帰った。

 この事故は免許を取ってすぐの初心者が起こしやすい事故だ。 落ちた場所によっては私たちの命があったかどうか分からなかった。他の命を奪ったかもしれない。 初期のこの事故が教訓になり、私はその後安全運転を心がけている。

 今回事故現場はどの辺りか探しながら走ってみたが、なにせ30年ちかく前のことで、道路も整備されて変わっている。よく分からないまま竹田に着いてしまった。

 竹田の町には改めて来てみたいと思う。「道の駅」りランチは美味しいらしい。「大分県のナイヤガラ」と呼ばれている原尻の滝も訪れてみたいものである。   

赤川登山口の立派なトイレ


朽ちかけた橋を渡る


久住高原を彩る花


久住山頂


久住山頂から久住高原を見下ろす


雄大なくじゅう1


雄大なくじゅう2


草ぼうぼうの本堂跡


トップページへ戻る     登山日記目次へ戻る