砥上岳       〜福岡県朝倉郡筑前町〜

               2006年2月26日(日) 砥上岳  単独
           砥上神社(10:10)→(11:20)砥上岳(11:35)→(12:25)砥上岳
                                              

砥上神社鳥居

  
  半年ぶりに砥上岳に登ることにした。この山には山ひとすじさんがリハビリ登山として最近登られていた。『福岡県の山歩き』で取り上げた山だが、普段は意外に登っていない。大平山や目配り山に比べると遠いということもあるかも知れない。

 砥上神社に駐車して歩き始める。山道に入るとコンバインがあった。ひづめ石、みそぎのはる、さやんかみなど神功皇后の史跡を見ながら歩く。かぶと石には本当に久しぶりに立ち寄った。『福岡県の山歩き』にはヨシキとユリがかぶと石によじ登っている写真を使用している。これは永遠の記録になるだろう。

 やがて山頂到着。誰もいない。陽光と野鳥の鳴き声だけが感じられる。あたたかい感じが幸せだと思う。山頂の憩いを満喫した。山は一生モノだとつくづく思った。

 下山は往路を引き返す。登山口近くに犬を檻に入れているところがあり、かなり吠えられた。檻から出たら暴れ回りそうで危険だ。犬に吠えられるのは私は苦手だ。

 砥上神社に参拝するが、この神社は立派な神社だ。神功皇后を祭ってあるだけのことはある。三脚とタイマーを使って、写真を撮ったりした。

 昼から曇ってきたが、嘉穂の湯に向かった。冷水トンネルを通って行った。入浴してマッサージをしてもらい、極楽気分を味わった。その後で碓井町の「道の駅うすい」に行った。うすい町役場の前にある。ここは物産館の他、うどん屋さん、ケーキ屋さんもある。ここのうどん屋さんで昼食にした。帰りは白坂越えで秋月の方に出た。

 ヨシキが塾のテストだったので迎えに行った。車を買い換えて2ヶ月だった。ティーダのミュージックストッカーを活用している。宮沢賢治の童話、森鴎外の『舞姫』、国木田独歩の『武蔵野』などの朗読を聴いたりしている。なかなかいいと思う。

 福岡山の会のUさんが亡くなったということを、送付されてきた山の会の会報で知った。私が入会して12年経つが、Uさんとは何度御一緒しただろうか。昨年5月の私が担当した竜王山・高坪山にも参加して下さっていた。年齢的には私の両親よりお若いので、かなりの衝撃を受けた。Uさんの御冥福をお祈りしたい。
     

砥上神社


登山道入口


ひづめ石


みそぎのはる


さやん神


かぶと石


砥上山頂


山頂の由緒記


登山道のコンバイン


道の駅うすい(嘉穂郡碓井町)


トップページへ戻る   登山日記目次へ戻る