目配山           〜朝倉郡筑前町〜

             2005年6月18日(土) 目配山  単独
         サンポート(9:25)→(10:25)目配山(10:50)→(11:30)サンポート
                                            

目配山


 なかなか山に行けなかったが3週間ぶりに時間を作ることができた。半日なので目配山を歩くことにした。梅雨入りしたが、雨の予報はなかった。曇りがちだったが、快適に歩くことができた。

 サンポートに車を止める。登山口が草が茂っていて不安になるが、遊歩道には問題はなかった。小鷹山の分岐まで上がり、左折して目配山の登山道に出る。このコースはアップダウンが少なく、気持ちよく歩くことができる。ほとんど平地の散策コースだ。山頂近くは傾斜が増すので汗をかく。いい汗をかいた。

 目配山の登山道には林道との分岐が多い。迷いやすいので、にしてつレッツハイクが「×」印を何か所か付けてくれていた。目配山も近年メジャーな山になり、多くの登山者が訪れるようになっているのは地元のものにとっては嬉しいことだ。

 このところ朝の散歩を実行している。15分ほどだが、散歩をすると一日元気よく仕事をすることができる。今日は朝の散歩よりも長い時間の散歩という感じだ。

 山頂にはだれもいない。しばらくのんびりする。晴れているがぼんやりした空だ。梅雨のイメージはある。虫の声や小鳥のさえずりを聞きながらぼーっと過ごす。

 下山は早足になった。小鷹山との分岐から、小鷹山の直下の道を上がって下山した。わずか2時間のウォークだが、リフレッシュすることができた。

 この日の午後は久留米に行った。甘木からレールバスで基山まで行き、JRで久留米に行った。往復の2時間ほど本を読んだ。かなり読み進めることができて満足した。

 この日の夜、テレビドラマの「瑠璃の島」が最終回だった。沖縄の石垣島の近くの小さな島が舞台だが、ユリはこのドラマを見ていた。ユリはこのために石垣島などへの憧れを強めている。夏休みに家族で行きたいと執拗に言っているが、時間的にも金銭的にもなかなか難しいだろう。

 この前の週だが、私たち夫婦の仲人のムラカミさんが見えられた。ヨシキと二人で大平山に登られた。夜は楢原にホタルを見に行った。ホタルを見に行くのは風情がある。中学生になった二人だが、ホタルを捕まえて喜んでいた。いつまでも無邪気な子供達である。 

目配山から見るサンポート


にしてつレッツハイクの標識


うまみ食堂で夕食


ホタルの宿


ホタルを捕まえた


ホタルを求めて


トップページへ戻る   登山日記目次へ戻る   読書会のページへ戻る