目配山           〜朝倉郡三輪町〜

                  2005年4月2日(土) 目配山  単独
オオナムチ神社(8:40)→(9:35)目配山(10:00)→(10:55)オオナムチ神社
                                                 

Tさん御一行1


   この年度末年度初めの時期はなかなか山に行けなかった。この日も天気は午後から下り坂ということで、午前中に近場の目配山に登った。最近はサンポートから登ることが多いが、今日はお馴染みのオオナムチ神社から歩いた。

 久しぶりのウォークで汗をかいた。時間が早いので、登りでは誰とも会わなかった。目配山の山頂でのんびりしていた。曇っていて展望はよくないが、小鳥のさえずり、そよ風が心地よい。体を動かしたので全身がほてっている。とてもいい気持ちだ。短時間でも、何度も登った山でも、歩くことの意義は絶大だと改めて思う。

 下りでは多くの登山者とすれ違った。合計40人は会ったろうか。福岡山の会のTさんの一行20名に出会った。熊本の高校の同期会で登っているとのこと。熊本から日帰りの方も相当数いらっしゃった。みなさん古希を過ぎられているはずだが、お元気である。Tさんが私のことを「漱石が専門で」と紹介なさっていたので照れくさかった。

 Tさんに会って、5月末の私の係「高坪山・竜王山」のことが話題になった。原稿を編集係の方に送らなくてはいけないが、失念していたことを思い出した。それでこの夜あわてて作成して送付した。今月末の会報「せふり」の発行に間に合うかどうか。最近、山の会に対する帰属意識が弱くなってきているように思う。会員になって12年目、反省しなくてはいけないと思う。

 この翌日は座禅に行った。3か月ぶりだった。しげさんに紹介してもらって初めて参加したのが2002年9月。一昨年は19回、昨年は15回参加した。2003年3月には夏目漱石『門』で知られる鎌倉の円覚寺でも参禅した。昨年夏は写経会にも通うようになっていた。

 ところが昨年の後半から母のことで熊本に帰ることが多くなった。このために座禅の参加が激減した。今年は正月に参加したきりになっていた。今日は三ヶ月ぶりだった。

 今回の参加者は40名ほどだったが、観光客のような人の姿が目立った。金髪の外国人の方もいた。ずいぶん国際的な座禅会だった。座禅の後は、清掃、お茶会が行われるが、2月からお茶会の際にミニ講演会が開かれているらしい。これから参加してみたいと思う。

 座禅によって心の平静を取り戻すことができる。可能な限り参加していきたいものである。今年は出遅れたが、15回参加を目標にしたい。写経にも参加できたらと思う。

Tさん御一行2


Tさん御夫妻と


トップページへ戻る   登山日記目次へ戻る