大平山           〜福岡県甘木市〜

               2005年1月1日(土) 大平山  単独
         迫谷登山口(6:50)→(7:20)大平山(7:45)→(8:10)迫谷登山口
                                              

日の出前の大平山頂


 この前日の朝に雪が降った。平地に雪が積もったのは今シーズン初めてだった。大晦日の朝は一面の銀世界だった。天気予報も元日は雪を予測していた。何年か続けてきた親子での初日の出登山だったが、今年は難しいかなあと半ばあきらめていた。

 ところが朝起きると月が出ている。雪も積もっていない。これはしめたと思って子供を起こすが起きない。前夜からの心の準備ができていないので、これは無理からぬことだ。私一人で出かけることにした。時間が遅くなっているので目標を目配山から大平山に変更した。目配山は登りに1時間以上かかるが、大平山は30分で登ることができる。

 迫谷登山口には車が数台止まっている。既に日の出の30分前なので、夜が白み始めている。ヘッドランプを用意していたが、使用せずにすんだ。

 林道を上がっていく。雪が積もっている。月が出ていたのが雲に隠れて、小雪が舞うようになる。初日の出に遅れてはいけないと急ぎ足で歩く。日の出の時刻と同じころに山頂に到着した。

 大平山頂には百人ほどの人がいた。甘木市、立石商工会、甘木中学校、立石小学校の関係者が多かった。みかん、お茶、コーラ、カップヌードル、カップしるこなどが配られる。お湯も沸かしてあった。みんなで焚き火にあたって日の出を待っていた。

 雲が厚いのでなかなか初日が出ない。しばらく待って、7時40分に雲の切れ間から朝日が顔を見せた。初日の出が拝めると歓声が起こった。

 甘木市長のあいさつがあり、甘木市の歌、立石小学校校歌を斉唱した。みんなの態度を見て、甘木市や立石小学校などの関係者が多いと感じられた。

 山頂のあずま屋は台風で屋根が吹き飛んでいたが、完全に修復されていた。立石商工会の皆さんのおかげだと思う。感謝したい。

 帰って新年のあいさつをして、ななちゃん特製のお雑煮を食べた。子供達と大平山に登れば良かったねという話をしたが、「大平山は先生や知人に会うので嫌」という。時間的には大平山の2倍かかる目配山の方がいいと言っていた。

 甘木のふっくんはこの日砥上岳に登るはずだったが、道路が凍結していて目配山に切り替えたとのこと。目配山でも初日の出は拝めたそうだ。

 甘木のCJNさんは元日に古処山に登られている。山頂近くは積雪が50センチもあったそうだ。

 私たちは熊本市に新年のあいさつに出かけた。高速道路が太宰府インター以北が通行止めになっていたので心配したが、南の方は天気がよく暖かだった。熊本市の北岡神社に初詣に出かけ、熊本駅前のミスタードーナッツで昼食。じいちゃんばあちゃんの家に年始に行った。

 熊本の金峰山などには雪はなかったが、夕方帰ってきて背振山地、三郡山地、耳納連山などの雪化粧を見て、福岡県は寒かったのだとしみじみ感じた。 

初日の出を待つ

初日の出

甘木市長あいさつ

雪に覆われた山頂近くの階段

北岡神社で初詣

トップページへ戻る   登山日記目次へ戻る