目配山・小鷹山           〜朝倉郡筑前町〜

           2004年5月10日(月) 目配山・小鷹山 しげさん
大己貴神社(9:00)→(10:00)目配山(10:25)→小鷹山(11:05)→(11:40)大己貴神社

 この前日が仕事でこの日は代休だった。私にとって平日の休みは貴重だ。しげさんもこの日休みを取られて、一緒に山に行こうという話をしていた。犬が岳がシャクナゲの季節を迎えているので、出かけましょうかと相談していた。犬が岳には数年前に出かけたが、休日だったので人が多くて難儀した記憶があった。平日の犬が岳シャクナゲ登山には魅力を感じていた。
                                           

目配山から小鷹山、サンポートを望む


  ところがこの時期天気があまりよくない。前日はかなり雨が降っていた。近場の山がいいかもしれないということで、私の地元の目配山をしげさんに案内することにした。しげさんが目配山を歩いたことがないというのは意外だった。

 朝までには雨は上がった。曇り空だが、再び雨になりそうではない。大己貴神社の向かいの歴史の里公園の駐車場で待ち合わせる。準備をして二人でのんびり歩き始める。

 雨に洗われた緑がみずみずしい。大きなヒキガエルやミミズに出くわしながら進んでいく。このコースはアップダウンがないので、おしゃべりしながら気軽に歩くことができる。開設したばかりの福岡山の会のホームページのことなど話が弾む。

 目配山頂に達する。雲があって展望抜群とはいかないが、サンポートや小鷹山を望むことはできる。しばらく休憩した後で往路を引き返し、途中から折れて小鷹山を目指す。小鷹山で昼食の予定だ。

 ところが小鷹山の山頂直下で雨が降り出した。木陰で雨宿りするが止む気配はない。雨具を着用する。激しい雨になったので、山頂を踏んですぐに下山した。平日で天気がよくなかったということもあって、全行程で誰とも会わなかった。

 歴史の里公園のあずまやで食事にする。この後しげさんに拙宅に寄っていただく。パソコンの画面を眺めながら、しばらくのんびりと過ごした。

 しげさんの紹介で太宰府の戒壇院の座禅に通うようになってやがて2年になる。今日は写経の話を伺った。座禅は第一、第三日曜に行われているが、写経は第二、第四日曜に行われている。座禅を半分やって、書院に移動して写経をやるということだ。興味はあるがなかなか第一歩を踏み出せないでいる。

 この間、甘木のふっくんと何度かメールのやりとりがあった。ふっくんは私たちが立ち去った後で歴史の里公園に見えられたり、しげさんが帰られた直後に私の家に見えられた。この後、しげさんと連絡を取られて夜須町でご対面になったらしい。ネット上では以前からのお付き合いだが、実際に会ったのは初めてらしい。

 しげさんはこの後すぐレポートをアップされた。目配山、小鷹山のことがよく分かる内容になっている。私の方はずいぶん遅れてしまった。レポートは記憶が鮮明なうちに書いた方がいいのだが、このところどうも不調だ。

 しげさんは平日の休みが多いので、私の平日休みの時にはご一緒させていただいている。昨年5月には黒岩山・泉水山を歩いて「山里の湯」に浸かって帰った。私が6月にまた休みがあるので、機会があればくじゅうにミヤマキリシマを見に行けたらという相談をしている。今年もまたくじゅうには行きたい。星座には今年もまた泊まりたい。昨年は断念した法華院にも泊まりたい。森の家には是非一泊したい。夢は広がっていく。

ガスの中の目配山山頂

目配山山頂のしげさん

 トップページへ戻る     登山日記目次へ戻る    福岡山の会登山日記目次へ戻る