大津山           〜熊本県南関町〜

            2003年10月13日(月) 大津山  ユリ
大津山公園入口(10:30)→神社コース→(12:00)大津山(12:40)→皇太子御成婚記念の森→(13:20)大津山公園入口   
                                              

登山口の案内板

   体育の日の三連休だ。中学1年生のヨシキは中間テスト中ということで、数学の方程式、地理の県庁所在地、平安時代、鎌倉時代の歴史と格闘していた。私も仕事が入っていた。ユリとななちゃんはアジア美術館のトルコ三代文明展に出かけていた。連休最後の日は私も休みが取れてユリと二人で山に出かけることになった。

 ユリは10月8日に11歳になった。昨年と一昨年は誕生記念登山ということで、英彦山に登った。今年もそうしたかったが、この日の天気予報は今一歩だった。南の方はいいらしいということで、熊本県玉名郡南関町の大津山に登ることにした。この山には今年の2月に2回登っている。今回が3回目だ。
 お弁当を作り、9時に家を出る。甘木インターから高速道路に入り、南関インターで降りる。大津山は南関インターからすぐのところにある。前回は大津山神社の駐車場に車を駐車したが、今回は大津山公園の広々とした駐車場を見つけた。

 登山の準備をしていたら、南関町役場の方が親切に声をかけて下さった。大津山の案内板があり、我々が知っているルート以外にもコースがあるらしいということが分かった。

 そのコースを歩いたが、意外に藪になっていた。30分ほど登ったが、道がよく分からなくなってきたので引き返した。ユリの服に草がくっついて、それを取り除こうとしたら手が傷だらけになった。あずまやで休憩した後で、前回と同じく大津山神社の方から登った。

 大津山の山頂には先客がいた。ここで弁当を広げて憩いのひとときだ。のんびりした。弁当を食べたユリは更におやつを食べていた。雨にも遭わずによい登山だった。風もほどよい感じで吹いていてさわやかだ。とても気持ちがいい山頂だった。

 下山は周回コース。綺麗に整備された橋を渡り、感じのいい林の中を降りていく。やがて駐車場に出る。ここに「鳥獣供養之碑」が建っていた。どんないわれがあるのだろうかと思いを巡らしながら写真を撮る。

 車道を下っていく。ミミズの死骸がアスファルトの上に多数散乱していた。なぜこういうことになるのだろうかと不審に思いながら降りていった。

 大津山公園の入り口周辺には色とりどりのコスモスが咲いていた。いい季節になったと思った。

 下山後は南関インターから久留米インターまで高速道路利用。3時過ぎには帰り着いた。いい一日だった。この季節に英彦山には是非登りたいが11月中旬までに機会があるだろうか。

 この1週間後に座禅の朝粥会に参加した。ヨシキは剣道の昇級審査で都合がつかずに一人で参加した。昨年9月からはじめた座禅は私は24回、ヨシキは14回、ユリは5回、ななちゃんは1回参加したことになる。ヨシキは6月以来不参加だ。剣道が予想以上にハードだから仕方がない。

 朝粥会は初めての参加になった。いつもより時間を繰り上げて7時からの座禅。私は6時に家を出た。早朝の空気が清々しい。和尚さんの指導を受けて、朝粥の作法を学んだ。いい時間だった。座禅用の胴衣も二千円で購入した。座禅は心落ち着く時間だ。今後とも続けていきたいと思う。

 今回久しぶりに座禅会でしげさんと会った。私と違ってしげさんは休日に仕事が入ることが多い。座禅に私を誘ってくれたのはしげさんだ。心から感謝したい。


2003年2月の大津山登山1

2003年2月の大津山登山2

登山道途中のベンチ

大津山頂の山城跡標識

感じのいい下山路

鳥獣供養之碑

コスモス畑

大津山公園入口

トップページへ戻る   登山日記目次へ戻る