王子山(青海島)        〜山口県長門市〜

          2003年8月17日(月) 王子山  ヨシキ・ユリ・ななちゃん

 昨年の夏は信州に家族旅行に出かけた。今年はヨシキが中学生になり、剣道を始めたので、なかなか日程が取れなくなった。今年4月、山口県長門市に金子みすず記念館がオープンした。ななちゃんがここに行きたいということだった。近くの青海島には海水浴場もある。ユリが海に行きたいと言っている。帰り道に下関の巌流島に行くとヨシキが喜ぶ。湯本温泉の宿を押さえて、青海島を軸とした家族旅行の計画ができあがった。

 この夏は天候不順だった。この旅行の日もどうなるか案じていたが、どうも天気はよくないらしい。そうなると行動が限定される。金子みすず記念館や観光はいいが、海水浴はできないかもしれない。山口や萩に立ち寄った方がいいかもしれないと考えてコースを変更した。

 私の愛車は日産セレナだが、ワゴン車なので後部座席は揺れやすい。乗っていて気分が悪くなると家族には不評だった。1年前にななちゃんの車が日産マーチに変わっていた。今回はマーチで出かけることにした。マーチは狭いので、荷物を必要最小限に抑える必要がある。荷造りには気を遣った。
                                               

瑠璃光寺五重塔


 当日は天気はあまりよくない。準備をして、7時過ぎに出発する。甘木インターから高速道路に入る。九州自動車道を北上していくうちに雨になる。北九州市に入ると大雨になり、激しく降るようになる。

 関門海峡を車で渡るのは何年ぶりだろうか。左手に巌流島を望むことができた。

 山口県の小郡インターで高速道路を降り、国道9号線に出る。山口市内を通りながら萩に向かうことにする。雨は降り続いている。湯田温泉やザビエル記念聖堂などの標識が目に入る。時間の都合もあり、瑠璃光寺五重塔にだけ立ち寄ることにする。

 瑠璃光寺は室町時代に建てられた。五重塔は法隆寺、醍醐寺と並んで日本三名塔の一つとされている。かつての大内氏の文化はほとんど残されていないが、この瑠璃光寺五重塔ぐらいのものだと司馬遼太郎は「街道をゆく」で記している。司馬遼太郎がここを訪れたときも雨だったらしい。ここには司馬遼太郎の祈念碑、若山牧水の記念碑が建つ。

 雨の中傘を差して歩いた。風情を味わった。茶店で抹茶を味わって、この後は萩に向かう。

 国道9号線を進んでいくと津和野から益田だが、途中で左に折れて262号線を萩に向かう。山の中の道だが、それほど勾配が急なわけではなく、運転しやすい。11時頃萩有料道路の料金所のところの吉田松陰記念館に立ち寄る。ユリは車から出てこなかった。

 この記念館はガイドブックなどには載っていないが、工夫が感じられる立派な記念館だった。入場無料というのも嬉しい。山県有朋、木戸孝允、伊藤博文、高杉晋作、吉田松陰など、幕末明治の偉人達の資料館になっている。萩の入り口にふさわしい施設だ。

 ななちゃんは最近司馬遼太郎「竜馬がゆく」を読み続けている。この登場人物のことなどを展示を見ながらヨシキに解説していた。

 この後萩の市街地に入る。私は1981年に一度だけ来たことがある。懐かしい気持ちはするが全く記憶がない。

 萩城城下町の近くに駐車する。まずは食事。釜飯屋さんに入る。ななちやん、ヨシキ、私は釜飯を食べるが、ユリはおにぎりだけだ。

 雨の中、城下町を散策する。江戸時代の風情がそのまま残っているような散策路だ。菊屋横町、江戸屋横町を歩く。高杉晋作誕生地、木戸孝允旧宅、車宿天十平(くるまやどてんじゅっぺい)などを見て回る。

 ヨシキは「その時歴史が動いた」などを見たりしているので、高杉晋作や幕末の歴史には詳しい。興味深く見ていたようだ。

 ユリはどこに行っても退屈そうにしていた。おみやげ屋さんがないので面白くないようだ。逆に言うと、萩の町は観光地化されていない。チャラチャラしていなくて感じがいい。

 車宿天十平は落ち着いたところだった。明治時代に民家を使って作られた喫茶店だが、萩焼、民芸品も並べられていた。

 萩城跡近くの史料館にも立ち寄った。萩の町は丁寧に味わいたいところだ。自転車で回ってみたいものだ。日本海に面していて海も味わえるというのがいい。

 国道191号線を西に走る。車が少なく運転しやすい道だ。1時間ほどで長門市内に入り、仙崎の金子みすず記念館に向かう。漁港の近くに駐車する。

 金子みすずは仙崎生まれの童謡詩人。1903年生まれ、1930年に亡くなっている。長く埋もれていたが、近年になって作品が見つかり、脚光を浴びるようになった。

 金子みすず記念館は今年の4月に開館したばかりだ。住んでいた部屋やかつて営まれていた書店が再現されていた。展示室で金子みすずの生涯を振り返ることができる。女学校時代に青海島の高山に登った記録も残されていた。

 この付近はみすず一色だ。記念館の前の通りは「みすず通り」と呼ばれ、クラッシックな風情が漂っていた。記念館の前の店ではみすずに関連した土産物が売られていた。みすずの詩の一節をもじった「みんなちがってみんないい」というお菓子があった。8個の洋菓子が入っているが全部違う種類のお菓子だ。

 ななちゃんはこの記念館をじっくりと見ていた。待ちくたびれたヨシキとユリは氷を食べていた。

 さて、いよいよ今日の宿泊地の湯本温泉へ向かう。長門市から山の方へ少し入ったところだ。山村別館はあっさり見つかった。6階の和室に通される。ここで温泉に入り、食事とビールを味わった。

 翌朝は早く目が覚めた。6時過ぎからユリと二人でロビーのソファーでくつろいだりしていた。7時半に朝食。出発の準備をして8時半にチェックアウト。

 今日の天気はまずまずのようだ。予定通り青海島の海水浴に向かう。青海大橋を渡ってすぐ、王子山公園というのがある。駐車して5分足らずで山頂に着く。仙崎の展望が素晴らしい。金子みすずはここから見る仙崎を「竜宮」と表現したという。金子みすずの詩碑が立っていた。

 青海島は島全体が天然記念物に指定されている。周囲40キロと広い。青海島の中央部の静が浦から海を見晴らす遊歩道が延びている。青海島自然探求路と呼ばれているが、これを少し歩いてみた。海岸の奇岩を見ることができた。

 静が浦の海水浴場に行く。今年は家族で海水浴の予定がないので、ユリは楽しみにしていた。先日買ったばかりの大きな浮き輪を抱えて、海水浴場に向かう。

 天気は曇りだったが、海岸は岩だらけで砂浜がない。スキューバーダイビングの若者達の集団がいた。朝早いせいか水が冷たい。どうもこれはよくない、というわけで目標変更を考える。

 今日はこれから長門ブルーラインのドライブを楽しんで下関の巌流島に向かうことになっている。この途中に土井が浜という海水浴場がある。「きれいな水と遠浅」「景色も素晴らしい」ということなので、ここを目指すことにした。

 山陰の海岸線の景色を楽しみながら運転する。青海島から下関までは80キロあるが、その半ばに土井が浜はある。到着してみると確かにきれいで感じのいい海岸だった。ここで海に入り、楽しいひとときを過ごした。ユリは浮き輪に入り、ヨシキが引っ張っている。貝殻拾いにも夢中になっている。いい時間だった。昼過ぎになり、お腹も空いてきたので食事にしたかったが、ユリがなかなか帰りたがらないので弱った。

 このあと食事場所を探しながら運転するが191号線の沿線には店が少ない。川棚温泉の近くの「和兵衛」(かずべえ)という店でカツ丼などを食べた。細かいところまで神経が行き届いているカツ丼で、なかなか美味しかった。

瑠璃光寺の若山牧水歌碑

瑠璃光寺の司馬遼太郎記念碑
「長州はいい塔を持っている」(街道をゆく)

吉田松陰記念館
左は高杉晋作、中は吉田松陰

木戸孝允誕生の地

金子みすず記念館

王子山の金子みすず詩碑

青海島自然探求路を歩く

 長門ブルーラインの車窓の風景は素晴らしい。山口県では有名なドライブコースのようだ。海岸線は涼しかったが、下関市内に入ると暑くなってきた。これは都会の暑さだ。

巌流島への渡し場が分からずに苦労したが、乗船20分前にたどり着いた。定員100名ほどのフェリーは満員だった。巌流島へは10分足らずで着く。

 ここには宮本武蔵と佐々木小次郎の決闘にまつわる色々な記念碑がある。昭和30年頃には人が住んでいたこともあるとのこと。昭和50年頃から無人島になっている。NHK大河ドラマの「宮本武蔵」を見たり、吉川英治の「宮本武蔵」を読んでいるヨシキは興味深く巌流島の中を走り回っていた。

 
 

青海島の奇岩
雲行きが怪しくなってきた。帰りの船に乗るまでは雨が降らないでほしいと願っていたが、空しく激しい雨になった。乗船時にずぶ濡れになった。傘を4本用意していたのに、このときは持ってきていなかった。下関の港に着いて、凍えた体を乾かした。

 壇ノ浦の合戦で知られる赤間神宮に行くはずだったが、パスして唐戸市場で土産物を探す。ヨシキは宮本武蔵関連の土産が欲しいようだったが、これはというものが見つからなかった。

土井が浜の海水浴場

 下関駅前のシーモールに「おむらいす亭」というお店がある。ここはやまびこ会の山旅人さんが社長を務める店だ。山旅人さんには2年前に小倉牛をいただいたこともあり、この店には一度行ってみたかった。夕食を食べて帰ろうということになり、いい機会なので寄ってみることにした。

 下関駅近くに駐車。駅前に、大丸、シーモール、ダイエーが並んでいる。シーモールの4階におむらいす亭があるということを星座のやっさんに電話して確かめていた。シーモールは吹き抜けがあり、なかなか贅沢な作りになっていた。4階には美味しそうな食べ物屋さんが並んでいた。その一番奥におむらいす亭はある。

巌流島の宮本武蔵・佐々木小次郎記念碑

 山旅人さんはいらっしゃらなかった。ヨシキとユリはオムライスを頼み、ななちゃんと私はタコライスを頼んだ。タコライスは沖縄の料理らしい。デザートにフルーツオムプリンを2つ頼んで分け合ったが、これも独特のメニューだった。

 シーモールの中で「チルソクの夏」という映画のポスターを見た。やまびこ画像掲示板で、この映画は下関でロケが行われているということを知った。そう言えば七里田温泉館でポスターを見かけたことを思い出した。この映画のホームページを見ると、大分県の各地で上映されるようだ。どんな映画なんだろう。見てみたいと思った。

下関おむらいす亭にて

 下関インターから高速道路に入り、関門海峡を渡って後は九州自動車道を南下した。壇ノ浦パーキングに立ち寄ったが、関門海峡付近の夕方の景色はよかった。甘木到着は20時半だった。

 比較的近場の山口県への家族旅行だったが、充実していたと思う。私は小倉の学生時代に下関に行ったことがあったが、下関はそれ以来だった。1981年から1986年にかけて萩、川棚温泉、宇部、山口などを訪れたが、山口県には長い間縁がなかった。ずいぶん久しぶりだった。

おむらいす亭の前です

 関門海峡を渡るということで、旅行気分が味わえる。山陽側は新幹線などで通るが、山陰側は通り過ぎることも滅多にない。長門ブルーラインの車窓の風景も良かったし、土井が浜の海水浴場はいいところだった。山口や萩は駆け足だったので、もっと時間をかけたかった。青海島の自然ももっと味わってみたかった。

 日産マーチはセレナと違って車内が狭いので、乗っている者の距離が近いのがいい。後部座席のヨシキとユリは歌ったり、ゲームをしたりと、この二人は本当に中1、小5だろうかと思えるほど騒ぎまくっていた。兄弟仲がいいのは親としては嬉しい。家族の絆を確かめる旅行にもなった。

掲示板で多くの方からエールをいただいたので転載したい。
nue
あいちゃんファミリーのご旅行はとっても充実していますね!
うちも真似したいなぁ、と思うのですがうちのようなドタバタ
家族には無理でしょうね(^^ゞ
同じころ私だけ筋湯の旅館に泊まってました。毎年恒例高校の
部活のミニ同窓会です。温泉に上げ膳据え膳、それにトランプ
三昧と幸せなひとときでした♪

やっさん
あいちゃん こんばんわ 山口ならやっさんに任せんね!
と言いたいところですが楽しんだ様でなによりでした(^-^)
九州とは一味違った風情があり、幕末の名士に想いを馳せる
時間が好きですね、兎に角ゆーっくりしています。
タイミングが合えばご案内しますね。(^-^)

CJN
あいちゃん こんにちは
長門市と言えば私たちが仁川(今の韓国にある町)にいる頃の知人の人がいましたので子供の頃蒸気機関車の列車で良く行きました。以前は深川町と言っていたのですが、海で良く泳ぎました。国鉄の駅名は正明市でした。もう亡くなられたので今は行きませんが、懐かしいところです。
17日は高千穂峰に行きました。時間がかかり疲れました。(Hi)
では・・・また!!

あまぎのふっくん
私も金子みすず記念館には行ってみたいです。
昔 軽自動車で行き、湯本温泉の民宿に泊まったことがあります。
帰りに大寧寺〜豊田湖〜東行庵〜功山寺〜火の山公園〜赤間神宮を
見て回りました。功山寺では偶然に東芝日曜劇場のロケがあっていて
俳優の加藤武・本田博太郎・かとうかずこサンを見ました。
往復 関門トンネルだけ利用しました。
今だったら絶対に巌流島にも寄るのですが・・・。

〈やまびこ画像掲示板〉
1. 山旅人
あいちゃん、ご来店ありがとうございました。
ストローが品切れしていたそうで、ご迷惑をお掛けしました。m(__)m
次回、関門にお越しの折はご一報下さい。
それでは又!

2. nue
あいちゃんファミリーの山口旅行はとっても充実した
ご旅行だったようですね!
「フルーツオムプリン」ってどんなのでしょう?
気になる...(^^ゞ 今度食べに行きます!

4. KYN
チルソクの夏の映画と噂のオムライス亭のセットで向かったが、オジンは入りそびれました。 
結局、会社の女性に行ってもらい、どちらも大好評でした(^^♪ 
あいちゃん初めまして、タコライス:長府名物タコめしの進化型? 

6. nue
タコライスって沖縄料理の、と思っていたんですけど
ひょっとして違うのかな?これは食べに行って確かめ
ないといけませんね♪
(食べ物ネタにすぐ反応するnueでした(^^ゞ)

7. あかげら
私が食べたタコライスは沖縄で、熱々のご飯の上にレタスとあの辛いタコスと
とろーりと溶けたチーズがのっていたものでした。美味しかったです。
大阪にはタコ飯というのがあるんですが?それは蛸かな?

8. かつら
下関にいらっしゃったのですね。なんだか嬉しいです。
私はまだ巌流島には行ったことがありません。
「チルソクの夏」、機会があったら是非見てください。下関の各所がロケ地に使われています。 

トップページへ戻る   登山日記目次へ戻る   文学散歩記録へ戻る