黒岩山・泉水山     〜大分県九重町〜

    2003年5月12日(月) 黒岩山・泉水山  しげさん
牧ノ戸峠(9:20)→黒岩山(10:00)→(10:50)上泉水山(12:00)→下泉水山(12:30)→(13:10)長者原

 この前日が仕事で、この日は振り替え休日だった。私には珍しい平日の休みだ。昨年のこの日は一人でくじゅうに出かけた。ミヤマキリシマ観賞ということで、男池から平治岳に登った。今年もミヤマキリシマを見に行きたいと考えていた。しげさんも休みだということで二人で出かけることになった。井原山のミツバツツジ、くじゅう黒岳なども候補に挙がったが、私の膝が完治していないこともあって、軽いコースにした。合わせていただいたしげさんには感謝している。

 くじゅうの貸別荘「星座」のオーナーのやっさんからは、扇が鼻、黒岩山、泉水山がミヤマキリシマの穴場だと聞いていた。牧ノ戸峠から黒岩山、泉水山を歩いて長者原に降りようということに決める。
                                             

黒岩山

 当日はしげさんと甘木を7時に出発する。昨年8月に久住山赤川ルートを登ったときにはしげさんの運転だったが、今回は私の運転だ。早朝の386号は特に混雑もなく日田市内まで順調な運転だった。

 日田から黒川温泉付近まではしげさんの紹介で、新しくできた道路を走る。車が少なく、山々の素晴らしい景色も味わえて楽しいドライブだった。

 瀬の本高原に到着するとくじゅうに来たという気分になる。昨年はくじゅうに7回来た。久住山、平治岳、一目山、坊がつる、黒岳原生林を歩き、星座、法華院温泉山荘、沢水キャンプ場などに泊まった。今年は何回来ることができるだろうか。湧蓋山や黒岳にも登りたいと夢は膨らむ。

 牧ノ戸峠の駐車場は平日ということで車は多くない。天気もよい。快晴微風の登山日和だ。登山の準備をして歩き始める。登山者も多くはない。このコースを歩くのは1996年5月以来だ。実に7年ぶりになる。

 黒岩山への登りは急で息が切れるが長くは続かない。広々とした山頂に達するとくじゅうの高原の展望が広がる。湧蓋山や三俣山が見事だ。黒岩山付近のミヤマキリシマは蕾が多く、見頃はこれからだという感じだ。

 これから上泉水山までは快適な稜線漫歩だ。三俣山や長者原方面の展望を楽しみながらのんびりと歩く。上泉水山の先の原っぱで早めの食事にする。風がほどよく吹いていて涼しいところだ。しげさんはいつものようにビールをあおっていた。ここからは千町牟田方面の展望がよく、「やっさんの星座はどの辺かなあ」と指さしながら楽しんでいた。

 正午に「坊がつる讃歌」のメロディーが流れてきた。これを潮に立ち上がって歩き出す。急な下りもあり、膝を痛めている私には堪えるが、ゆっくりと無理をせずに降りる。下泉水山を経て、長者原のキャンプ場までの道は快適で歩きやすかった。全体で3時間ほどの歩きだった。

 上泉水山から長者原キャンプ場にかけてのミヤマキリシマは開花しているものもあり、見頃になりかけだという感じだ。シャクナゲなどにも出会えて、今日は花を楽しむことができた。

 長者原に到着する。牧ノ戸にどうやって戻るかが課題だ。自然歩道を歩いて戻ってもよいが、バスの時間を調べると1時間後に牧ノ戸行きのバスがあるらしい。これに乗ることにして、待ち時間は長者原でのんびりと過ごした。しげさんはビールを2本飲んでいた。この時間は至福のひとときだった。

 このあと温泉に入って帰ろうということになり、やっさんに電話して問い合わせたところ、飯田高原の「山里の湯」を勧められる。ここはすがもり小屋を経営されていた方の娘さんがやってあるところという。豊後中村に降りていく道路の沿線にあり、場所も分かりやすいので行くことにした。

 バスは我々二人の貸し切りだった。乗っている時間は10分間だが、車窓から今日歩いてきた縦走路や三俣山などを望むことができて楽しい。料金は290円。安いと思う。

 牧ノ戸峠から「山里の湯」に向かう。ここも貸し切りだった。平日というのは本当に素晴らしい。料金は大人300円、子供200円。温泉に浸かり、今日の汗を落とす。入浴後に喫茶・土産コーナーに行く。かつて、すがもり小屋で売られていたようなバッジなどが置いてあった。「懐かしい」空間だった。テーブルの上には「星座」のチラシとやっさんの名刺が置いてあった。ここの主人とお話しした。すがもり小屋の思い出を懐かしそうに語られていた。しげさんはビールを飲み、私はオロナミンCを飲んだ。

 この後はのんびり運転で帰る。十三曲がりを経て、豊後中村に降りる。国道210号を忠実に運転する。玖珠町、天瀬町、日田市、浮羽町、吉井町、田主丸町を通って甘木に帰ってきた。山里の湯を出たのが4時で甘木到着は6時だった。

 高速道路ができる前、くじゅう方面に出かけるときはいつもこの道を運転していた。私にとっては懐かしい道路だ。浮羽郡の町並みの説明などをしげさんに無理に聞かせながら自分の回想に耽っていた。沿線の豊後森市街、三日月の滝キャンプ場、カウベルランドくす、浮羽の湯、吉井白壁の町並みなどについての話題にも花が咲いた。

 しげさんは最近ホームページをリニューアルされた。視覚的に清潔感のあるページになった。バイクの掲示板と温泉コーナーを新設されている。山里の湯もいずれアップされることになるだろう。山里の湯については調べてみると私の掲示板にも何度か登場していた。やっさんのおすすめで、大分のnueさんが何回か入られていた。いいところだったのでこれから通いたいと思う。

 私の掲示板に多くの方から書き込みをいただいたので紹介しておく。 

上泉水山

飯田高原をバックに

ミヤマキリシマ

山里の湯
●しげ
 こんばんは。しげです。本日はお疲れ様でした〜。お陰様で楽しく一日を過ごすことが出来ました。感謝です。超短いバス旅も楽しかったし、山里の湯もいいお湯でした。帰りは浮羽の町並みのガイドまでしていただいて恐縮でした。ひらびな一日を二人で存分に堪能できましたね。また機会がありましたらご一緒させてください。とりあえず今夜はぐっすりお休みくださ〜い。

●ミラ
お天気も良くてゆっくりの平日山行が出来ましたねぇ〜☆
あいちゃん、しげさん、楽しいメール有り難う!
ご一緒出来ず残念でした〜(^^;

しげさん、久ぶりの「お声」有り難う〜次回はお会いできますように!
お疲れ様でした〜♪

●やっさん
今日はお天気も良く黒岩、泉水からの眺望も素晴らしかったと思います。
ミヤマキリシマの情報有難うございました、泉水山に注目しましょう(^-^)
「山里の湯」をご紹介したのは正解でしたね、すがもり小屋をいつまでも
語り継ごうという主人の意志は尊敬に値いするものと確信しています。
あいちゃんとしげさんのひらびこ隊ご苦労様でした。(^-^)

●夏男
晴れの天気でよかったですね。昨日は下界は真夏のような陽気でしたよ。ハイカーも少なく くじゅうの自然を満喫できましたね。

私はミヤマキリシマの満開の時期、もう何年も行ったことがありません。女房 子供達にもいつか満開の時期に連れていってみたいと思います。

●nue
こんにちは!昨日はお疲れ様でした。楽しい1日を満喫された
ようですね♪ 市内は昨日は1日中さえない天気だったので、
山のほうの天気が心配だったのですが、大丈夫でしたか?
「山里の湯」は気に入っていただけたようですね(^。^)
うちの次男坊は大船山頂に登って(リベンジですね、前は段原
でリタイア)山里の湯につかって、バッジをGETするのが
目標らしいです^^;

トップページへ戻る     登山日記目次へ戻る    福岡山の会登山日記目次へ戻る