大平山・安見が城山       〜福岡県甘木市〜

        2003年1月6日(月) 大平山・安見が城山  ヨシキ・ユリ
迫不動尊登山口(8:35)→(9:10)大平山(9:15)→(9:40)安見が城山(9:50)→火葬場→(10:50)迫不動尊登山口
迫不動尊登山口(11:55)→(12:35)大平山(13:05)→(13:40)迫不動尊登山口
                                               

安見が城山頂

  4日から5日早朝にかけて甘木は大雪に見舞われた。5日は太宰府まで座禅に出かける予定だったが、道路が凍結していたので見送った。スリップしている車が目立っていたという話も聞いた。家の周りでも雪が積もり、子供達は雪合戦に興じていた。

 6日は寒は緩んだが、大平山は雪が残っていた。高い山はかなりの雪だろう。ということで、懸案になっていた大平山から尾根続きの安見が城山に登ることにした。大平山は標高312メートル、安見が城山は300メートルちょうどだ。

  昨年11月に甘木のCJNさんが安見が城山に登っている。柿原のオークマのところに降りられている。そのあと、甘木のふっくんが登り、火葬場に降りる道を見つけている。ふっくんのホームページに詳細レポートがある。それ以来機会をうかがっていた。

 冬休み中で子供は午前中は宿題をすることになっている。まず私一人で出かけた。迫不動尊の登山口の近くにグラウンドができているので、そこの駐車場を利用した。

 登山口には大平山まで1400メートルの標示がある。そこから林道を登っていく。雪がかなり残っている。凍結していて滑りやすいところもある。トイレのある広場には大平山頂まで450メートルの標識がある。ここから山道になる。雪がぽたぽた落ちてくるのが心地よい。ロープを登ると、大平山と安見が城との分岐に出る。大平山まで250メートルとある。もう少し登ると、安見が城まで15分、柿原まで60分という古い標識もある。

 大平山頂には車が2台止まっていた。人はいなかった。山頂にも雪が多い。古処山や目配山の雪景色が見事だ。山頂に立石小学校の生徒が立てた標識がいくつもあった。学校でこのようなことをやるのはとてもいいと思う。故郷の山を愛する生徒が増えてほしいと願う。

 安見が城山に向かう。道が狭く、雪が枝にかかっているので、何度も雪を浴びながら進んでいく。尾根づたいなので道は分かりやすい。左側で林道工事があっていた。小さいピークをいくつか越えて大平山から25分で安見が城山に着いた。

 山頂の標識が二つあった。標高が299メートルのものと、300メートルのものがあった。ここから大平山へは15分、柿原へは45分とある。お湯を飲んだりして休憩していたら寒くなってきた。往路を引き返すか柿原方面へ下山するか迷ったが、柿原を目指すことにした。

 意外なことに道はよかった。尾根道よりも歩きやすい。赤い布の目印が要所要所についていて、迷うことはない。どんどん降りていった。

 20分歩いたところで分岐があった。まず右の方に行ってみた。目印を頼りに降りると甘木市の火葬場「梅香苑」に出た。引き返してもとの分岐に戻り、柿原へと降りていった。視界が開け、オークマやふくれんジュース工場が見えるところまで来た。ただ降りる道がよく分からなかったので、再び引き返して「梅香苑」から車道を降りて出発点に帰った。安見が城山から迫不動尊まで30分程度で降りることができるようだ。

 大平山への登り40分、安見が城山への縦走30分、下山30分だから20分休憩をとっても2時間で周遊できるコースだ。

 帰宅して、ヨシキ・ユリと話し合い、大平山に登ることになった。マルショクでおにぎりやカップ麺などを調達した。ヨシキとユリはミルモのチョコを買っていたが、一個185円もしたので驚いた。
 今日は先日熊本で購入したユリの新しいリュックの使いおろしだ。ユリは水筒、おにぎり、おやつなどを入れてうれしそうに歩いていた。雪があるので二人は喜んで、歩いている途中も大平山の頂上でも雪合戦に熱中していた。

 食事はおにぎりとカップ麺、ヨシキはカップヌードル、ユリはサンポー焼き豚ラーメンだ。寒いので温かい食事がうれしい。食事が終わるとおやつタイム。至福のひとときだ。天気もいいのでのんびりと過ごした。

 下山は雪が熔けてきて滑りやすい。転ばないように慎重に降りる。靴やズボンを汚したが、なんとか無事に帰り着くことができた。今日は全ての行程を通して誰とも会わなかった。大平山も安見が城山も登山道の全てがあいちゃんファミリーのものだった。静かな山旅を楽しむことができた。冬の雪を味わった一日だった。

ユリの新しいザック

雪の中でピース

楽しい雪合戦

大平山頂で食事

大平山頂

目配山を望む

立石小学校の標柱1

立石小学校の標柱2

トップページへ戻る   登山日記目次へ戻る