金山           〜佐賀県三瀬村/福岡市〜

                 2002年6月1日(土) 金山  ヨシキ・ユリ
             山中地蔵(10:10)→(12:15)金山(12:45)→(13:40)山中地蔵

 3週間ぶりにヨシキ・ユリと登山をすることになった。佐賀県七山村の樫原湿原や地元の馬見山も考えていたが、長らく頭にあった佐賀県側からの金山登山を選んだ。この日は夕方5時半からピアノのレッスンがあり、帰りが遅くなるわけにいかない。金山はガイドブックによると1時間ちょっとで登頂できるので都合がいいと判断した。

 甘木を8時半に出発する。中村屋のおにぎりを10個買う。甘木インターから佐賀大和インターまで高速道路利用。どんぐり村の前を通り、三瀬村のスーパーでおやつや飲み物を買う。三瀬トンネルの手前から右折してキャンプ場のある山中地蔵に駐車する。    
                                              

金山登山口で水遊び

   このコースは水の多い潤いのある登山道だった。登山口にきれいな谷川が流れていて、ヨシキとユリは「休憩」と称して水遊びだ。登山道のかなり上のほうまで水があり、涼感のあるコースだった。最高気温30度を超える暑い日が続いていたので、地獄に仏の感があった。

 ワラビや野イチゴも多く、ヨシキとユリは「野イチゴの食べ放題だよ」と言って盛んにぱくついていた。あとで夏男さんからこれは草イチゴで、ジャムにしたらおいしいと教えていただいた。

 水にあふれていて楽しいコースだが、結構急な坂で、息を切らしながら登った。水がある度に顔を洗ったりして道草を食った。のんびり歩いた。

 三瀬峠への分岐が最後の水場で、ここからはひと登りで稜線に出る。これは福岡市早良区と佐賀県神崎郡三瀬村との境だ。椎原や上石釜、千石荘などあちこちから登ってきた登山者で賑わっている。ここから左へ200メートルで金山山頂に達する。

 山頂は標識があるだけで、直射日光があたり、暑いので、少し引き返して食事にした。中村屋のおにぎりを3人でおいしく食べた。

 下山は早かった。登りは2時間5分もかかっているが、下りは55分。滑りやすいところもあるので注意して降りた。

 帰りにソフトクリームを食べたりした。15時10分には帰宅した。この日の夜は家族でバーベキューを楽しんだ。花火も楽しんだ。

 この翌日に家族4人でホタルを見に行った。秋月の楢原というところだ。ここはあまり人に知られていないので落ち着いてホタルを見ることが出来る。ユリはホタルを捕まえて喜んでいた。ななちゃんやヨシキ、私は風情を味わっていた。ホタルをしみじみと味わうような心の余裕は持ちたいものである。 

金山山頂にて

食堂の前でふざけあい

ホタル見物の母子

トップページへ戻る   登山日記目次へ戻る