までら山・鳥屋山   〜福岡県朝倉町/杷木町/甘木市〜

           2002年3月3日(日) までら山 福岡山の会(ヨシキ)
            普門院(8:30)→(9:00)までら山(9:15)→(9:35)普門院

 福岡山の会に入って8年経った。毎年この時期には係を引き受けている。自分の近所の山である、古処山、鷹取山、耳納連山「漱石の道」、明星山、古処山縦走、目配山、砥上岳などを案内してきた。今年は海鳥社の『福岡県の山歩き』60、61に載っている、までら山と鳥屋山に登ることにした。までら山は朝倉郡の朝倉町と杷木町にまたがっている。鳥屋山は甘木市の秘境佐田にある山だ。

 事前の申し込みは10名ほどだったが、直前になって参加者が増え、当日の飛び込みもあって、最終的には15名の参加になった。

 ヨシキとユリを連れていくつもりだったが、ユリはこの日用事が出来てヨシキだけがついてきた。7時50分に甘木バスセンターでTさんとMさんを拾う。道路が混んでいないので、普門院へは20分で着く。8時10分に到着したが、Mさん夫妻、Sさん夫妻、Tさん夫妻は既にお越しになられていた。8時30分の集合時間に間があるので普門院を見学する。奈良時代の西暦747年に創建の由緒ある寺院である。Oさんが、Q子さん、Tさんを乗せて登場。合計13人でまでら山に登ることになった。

 までら山への登山はなんということはない。枯れ木のようになった柿畑の中を登っていく。「柿の季節にこの山に登りたいね」との声も出る。天気はいいので、原鶴温泉方面の展望がいいが、春霞がかかって遠望はきかない。

 山頂のまでら神社上宮に着き、古代の歴史に思いを馳せる。標高295メートルだ。西暦660年のこと、百済が新羅に攻められたため、斉明天皇が百済を支援するために朝倉の地に来られたが、鬼の祟りにあって亡くなられた。この斉名天皇の葬儀をまでら山の山頂から鬼が凝視していたということである。神社の中に記されている近年起こった不思議な話についても私のほうで説明した。

 神社の前で記念撮影をして下山。下りは早い。下山時に地元の方が登ってこられていた。「正月に登れなかったので今日登りにきた」とのこと。普門院でしばらく休んで次の目的地の鳥屋山に向かって出発する。
                                             

までら山頂の集合写真

    2002年3月3日(日) 鳥屋山
                福岡山の会(ヨシキ)

鳥屋山キャンプ場駐車場(10:40)→キャンプ場→4合目→8合目→冒険道→(11:55)鳥屋山(13:20)→(14:30)駐車場

 鳥屋山だけ参加する人については、甘木水の文化村に10時集合としていた。昨年11月に入会されたしげさんが息子のだいちゃんを連れて参加される。だいちゃんは小学校1年生だ。これまでにも、諸塚山、一目山、ひなもり台、万年山、高良山などで御一緒している。
 
 これで合計15名になる。5台の車で佐田に向かい、キャンプ場直下の狭い道をこわごわ運転して駐車場に着く。私の運転がトロイので後でOさんから「高所恐怖症ですか?」と言われてしまった。確かに私は怖かった。運転を誤れば転落する。ドキドキしながら運転していた。他の人はそうでもないようなので、私は余程の怖がりなんだと思う。

 準備をして出発。キャンプ場から4合目までは結構急な坂で息が切れる。4合目の石仏群で休憩。Oさんたち3人は「男道」に挑むために我々と別れる。

 4合目から8合目まではあっけない感じ。8合目の上に一ヶ所だけ鎖場がある。ヨシキもだいちゃんも難なく登る。この後は尾根を伝って鳥屋山の頂上に達する。

 鳥屋山は標高645メートル。四方の展望がいい。15人にはちょうどいいくらいの食事スペースがある。奥の院まで往復されていたOさんたちが戻られて、賑やかな昼食になる。今日はひな祭りだということで、Oさんがおすしを作ってこられていた。珍しい食べ物やワインがどんどん回ってくる。楽しいひとときだった。

 天気がよく、鳥屋山の山頂は暑いくらいだ。我々の食事中に二人組の登山者が通り過ぎていった。正月には鳥屋山頂にテントを張ったとのこと。

 福岡山の会の掲示板のことも話題になる。Q子さんは一日一度はのぞいているとおっしゃっていた。「集会などに行けない者にはありがたい」とのこと。「ユリちゃんに手作りのチョコレートをもらったでしょう」と言われてドキリとした。

 下山は滑りやすいところもあり、慎重に降りる。鎖場の下りでは子供のフォローをみなさんがしてくださった。下山途中に転んだ方もあったが、大事に至らずに良かった。

 4合目やキャンプ場などで長めの休憩を取ってゆっくり降りた。キャンプ場では滝の見学に行かれた方もあったようだ。

 下山時に一人の登山者と出会う。今日の鳥屋山の登山者は我々を除くと3人全員無事に到着して駐車場で解散。皆さんお疲れ様でした。この後、原鶴温泉に行かれた方もあったようだ。

 だいちゃんが「ゆりちゃんに会いたい」ということで、しげさん親子はあいちゃんの家に寄られた。しばらく楽しい時間を過ごした。だいちゃんはヨシキと遊んでいた。だいちゃんがジュースやケーキを欲しがらないので感心した。

 パソコンに向かってしげさんと私は色々話し込んでいた。普段はパソコンには一人で向かっているが、こんなふうにあれこれ話しながらパソコンに向かうのも楽しいものだと思った。

 この日はひな祭り。友だちと遊びに行ったユリは夕方母親と二人でひなケーキを作った。みんなでおいしく食べた。

鳥屋山頂の集合写真

鳥屋山頂のヨシキ

鳥屋山頂のだいちゃん

ひな祭りケーキ
までら山紹介         鳥屋山紹介

トップページへ戻る   登山日記目次へ戻る