岩石山           〜福岡県添田町〜

         2001年12月16日(日) 岩石山 あまぎのふっくん
添田公園(10:40)→三の滝→針の耳→(11:45)岩石山(13:15)→奥の院→遊歩道→(14:00)添田公園

 甘木のふっくんとは長い付き合いだ。坊がつるでキャンプをしたこともあるが、この数年は山でご一緒する機会がなかった。この日にふっくん主宰の山岳会で鷹取山登山が企画された。私もこの日は空いていたし、子供が甘木市の音楽会なのでファミリー登山はできないので、参加させていただこうということになった。

 ところが、他の参加者がなく、ふっくんと私だけの登山になった。どこに行こうか迷ったが、嘉穂郡の山に行こうということになり、岩石山と戸城山の2山踏破を目指すということで出発した。    
                                              

八畳岩

 ヨシキを甘木のピーポートに送った後で、中村屋のおにぎりを買い、ふっくんを迎えに行く。9時15分に出発する。小石原から添田町に向かう。途中で馬見山や宝珠山釈迦ヶ岳にも心を動かされたが、1年前にヨシキ・ユリと登った田川郡添田町の岩石山に別コースで登ることになった。

 今朝は寒かった。最低気温は零度。英彦山は雪化粧。その他の山には雪はないようだ。添田公園に駐車して準備をする。民家の間から三の滝のコースに入る。初めのうちは崖を攀じる様なところもあり、高所恐怖症の私は緊張する。ふっくんのリードで登ることができた。急な坂が続くので運動不足の私は息が切れる。針の耳という岩の間をくぐるがこれはたいしたことはない。登ってくると添田町の展望が開けてくる。あえぎながら登り、ひょっこり岩石山の山頂に出た。

 ここから岩めぐりをする。国見岩、大砲岩、八畳岩とあり、八畳岩の上で食事。サンポー焼き豚ラーメンと中村屋のおにぎりだ。地元の登山者の方が登ってこられてふっくんは色々と話をされていた。天気がいいので意外に暖かい。

 山頂に戻り、記念写真を撮る。ふっくんはデジカメとコンパクトカメラと一眼レフカメラと持参されていた。

 下りは正面の遊歩道を降りる。奥の院がきれいに整備されていたので感心した。添田公園の中を降り、「ふれあいの館」を見学した。

 この後、田川郡赤村に向かう。戸城山の登山口を確認するが、時間が下がっているのでパス。「源じいの森」に行った。平成筑豊鉄道の駅を見学し、キャンプ場を見て、温泉に入った。しばらくのんびりとくつろいでいた。ここにはロッジやバンガローもある。新しいきれいな施設で是非家族で泊まってみたいと思った。夏は暑そうなので3月から5月がいいだろう。

 山田市から嘉穂町経由で八丁越を越える。馬見山の北斜面は冠雪していたが、道路には雪はなかった。ふっくんから、「八丁トンネル」の構想について教えていただいた。これが実現すれば甘木と北九州を結ぶ最短バイパスになるということだ。何十年先のことになるだろうか。

 最後に秋月の喫茶店「ピノキオ」でケーキセットを食べてくつろぐ。ふっくんと二人で豊かな時間を味わった。

岩石山頂

平成筑豊鉄道「源じいの森駅」」

あまぎのふっくんのホームページ

トップページへ戻る     個人山行日記へ戻る