竜王山           〜福岡県飯塚市〜

               2001年9月23日(日) 竜王山 ユリ
八木山青年の家(9:45)→(10:50)竜王神社(10:55)→(11:10)竜王山(12:00)→(12:40)八木山青年の家

 天気のよい3連休だった。妻が1泊で倉敷に旅行に出かけたので2日間は私が子守りをすることになった。1日目は私は仕事で日中は放任状態だった。2日目に登山をしようということで前々から計画していた。九重や鶴見岳方面を考えていた。平尾台登山の誘いもあった。ただこの時期私の仕事が忙しくて過労気味だった。どうしようか迷ったまま当日を迎えた。
          

竜王神社の説明版
 ヨシキはこの2,3日前から友人と遊ぶ約束をしていた。彼はこういう場合に翻意することはない。今回も何度か説得を試みたがダメだった。結局、ユリと私での出発になった。 時間の都合もあり、前々から考えていた竜王山に登ることにした。竜王山は地理的には飯塚市の山だが、篠栗の山の印象が強い。ここにはずいぶん前に一人で登りに来た。ファミリーではもちろん初めてだ。

 甘木を8時に出て中村屋のおにぎりを買い、冷水トンネルを通り、飯塚から八木山峠に上がる。この地域では小学校の運動会の日だった。青年の家の上の登山口に駐車する。

 ユリと二人で歩き出す。気候がよく、涼しくて歩きやすい。なかなかの急登で心の準備が出来ていなかったユリは苦しそうだ。何度も休憩する。「頂上はまだね?」と何回も言っている。50分も歩くと水場があり、その上にすぐ縦走路がある。右に行けばすぐ竜王山頂だが、左の竜王神社への道を行く。これはアップダウンの少ない快適な遊歩道だった。

 竜王神社は山の中に祠と案内板があるだけだが、なかなか味わいのあるところだった。かつてこの地域が干ばつに襲われた際に、雨が降った時の経緯が記されている。ここは雨乞いの神社だ。

 往路を引き返して竜王山頂に向かう。ユリは相変わらず「頂上はまだね?」と言っている。結局竜王山頂に着くまで私にだまされたことに気づかなかった。

 標高616メールの竜王山頂は広々としている。展望もいい。福岡市内が遠く望めるが、飯塚・嘉穂方面が一望だ。ここで昼食にする。おにぎりやおやつを食べる。しばらくのんびりしていた。天気がいいので次々と登山者が登ってくる。

 日があたると暑いくらいなので下山にかかる。ゴルフ場側は車道歩きが長いようなので往路を戻ることにする。下りは滑りやすいところもあるのでユリの手を引いたりしながら降りる。この間にも多くの人が登ってきていた。

 八木山峠には色々な施設があるようだ。「森のレストラン」は感じがよさそうだったが、車がいっぱいで中に入ることが出来なかった。

 このあと、嘉穂郡穂波町の嘉穂の湯に立ち寄る。汗を流した後で私は30分2000円のマッサージをしてもらう。肩こりがひどかった。この間ユリは椅子に座って私のほうを見ていたという。このときに忘れ物をして、翌日取りに行く羽目になった。翌日の帰りは穂波町から桂川町、碓井町、嘉穂町を経て八丁越で帰ったが、ここで運転しながらながめた風景はのどかでとてもよかった。

 この日の夜は自宅でバーベキュー。ヨシキ・ユリと私の3人だけだが、楽しかった。ヨシキが火おこしに頑張った。牛肉、イカ、ウインナ−、最後の焼きそばに至るまで楽しんだ。バーベキューがすんだ後でしばらく残り火を眺めていた。

 この翌日は3連休の最後の日で自宅でのんびり過ごした。近所の子供が入れ替わり立ち代り遊びに来た。ヨシキとユリも遊びに行っていた。ヨシキは最近空手を習っているのでその友達とベイブレードをしたりしていた。遊びほうけてしまい、夕方から必死で宿題をする羽目になった。ユリは一輪車に乗って、隣の家の4人姉妹と楽しく遊んでいた。近所に子供は多いのだが、この子たちと山に行ったことはない。ヨシキもユリもそれは嫌がっている。ユリは「生まれてから1回も山に登ったことがない人のほうが多いとよ」と言っている。 

広い竜王山頂

嘉穂の湯の前にて

自宅でバーベキュー(ヨシキの火おこし)
自宅前で一輪車に乗って遊ぶユリ

トップページへ戻る   登山日記目次へ戻る