諸塚山  〜宮崎県諸塚村〜

       2001年4月28日(土) 諸塚山 ヨシキ・ユリ(やまびこ会)
        西登山口(10:00)→(10:50)諸塚山(10:55)→(11:30)西登山口

 やまびこ会の4月のオフ会は宮崎県の諸塚山に登るということだ。ここは福岡県からはもちろん、熊本市からでも、遠くてなかなか行けない山である。キャンプ場のログハウスに泊まるという。登山の当日が福岡市に所用があり、前日に親子3人で諸塚山に登り、宿泊だけ参加させていただくことにした。

 4月27日の夜にヨシキ・ユリを連れて熊本市入り。熊本市の実家に泊まる。ここはよしさんところの近くだ。早めに就寝する。天気予報はあまりよくない。午後から崩れそうだということで、出来るだけ早く出発することにする。28日の朝起きると熊本県は朝から雨の予報にがく然とする。ただ宮崎県の崩れはお昼頃からということで、朝食を済ませて7時に出発した。御船町から矢部町を経て、宮崎県五ヶ瀬町に入る。これまで行縢山、大崩山、傾山、扇山に行くために、バスや他人の車で来たことはあるが、この区間を自分で運転するのは初めてだ。新鮮な気持ちで運転する。ヨシキとユリははしゃいで学校で習った歌を元気に歌っている。

 五ヶ瀬町の中高一貫教育の五ヶ瀬中学校・高等学校を右に見て、六峰街道に入る。これはこの山地の6つの峰を結ぶ全長57キロのスーパー林道だということ。これからぐんぐん高度を上げる。展望がいいはずだが、天気が下り坂で景色がぼんやりしている。全線舗装されているので運転は楽である。
 一度間違えて、赤土岸山の登山口に駐車するが、歩き始めてすぐに誤りに気づき、引き返す。たどり着いた諸塚山の登山口はよく整備されていて賑やかなところだった。地元の特産品を売るテントも出ていた。車も既に何台も止まっている。
  

六峰街道入口
   天気に不安があるので雨具を着け、昼食は下山後にということで身軽な格好で出発する。登山道はよく整備されていて歩きやすい。丸太がつけられ、階段のようになっている。ガスが深いが迷う心配はない。風も強いが2週間前の平尾台の強風を思えば大したことはない。ヨシキもユリも文句を言わずにどんどん登っていく。

 少し登ったところの登山道脇にアケボノツツジが咲いていた。ここで記念撮影。地元の人に伺うとまだ5分咲きとのこと。しかしそれでも十分満足できる。1箇所急な滑りやすいところがあるが、そこを越えると難なく頂上に着く。山頂近くには樹木の表示や自然観察の説明板があり、理科の勉強にはなる。

 標高1342メートルの諸塚山の山頂はガスの中。「諸塚山頂」の標識が乱立している。雨になるのが心配なので、5分ほど休憩して下山にかかる。

 登山者は多かった。50人ほどは会った。軽装の人も多かったので、途中まで登ってアケボノツツジを見学という人が大半だったと思う。5歳の女の子も途中まで登ってきていた。ヨシキ・ユリは「こんにちは」と元気よく挨拶をしながら駆け下りていった。心配していたが、結局最後まで雨にならずによかった。

 下山後に今日の宿泊先の池の窪グリーンパークを目指す。六峰街道のドライブを1時間ほど楽しんで13時に到着。今日の幹事の水流渓人さんに電話連絡して、ここのレストハウスで昼食。シーフードピラフ、ナポリタンスパゲティ、ミーとソーススパゲティを食べるが、どれも美味しかった。小ぎれいな感じのいい店だった。ここでハーブティを3杯も飲んでしばらくのんびりしていた。このところ忙しかったので至福のひと時だった。
 天気が小雨程度だったので場内のアスレチック施設で遊んだ。ヨシキもユリも生き生きと動き回っていた。15時ごろから、地元宮崎県の遊也さん、COCOさん、リンゴさんが到着される。ログハウスに入るとヨシキとユリは驚嘆していた。とても広い。きれいな台所やトイレ、暖炉、リビングがあり、部屋がいくつもある。これで12000円、信じられない。人数が少ない間はヨシキとユリは階段を駆け上ったりして中を走り回っていた。

 17時ごろによしさんの家族が到着すると、子供が一気に増え、ますます賑やかになる。夕食の準備が始まり、19時ごろに水流渓人さんの一家6人を迎えて乾杯。夜遅くなって到着する人もあって結局、宿泊は大人17名、子供10名になった。よしさんのところは別の小さいログハウスを借りられた。鉄板焼きをしながらの歓談は話が尽きることなく、12時を回るまで続いた。
   
 なかむとしさんから最近葦書房から出た本の紹介があった。これはあとで会員専用掲示板にも書かれたので引用したい。この本は数日後に私も購入した。新聞記者が福岡に赴任中に登った九州の山々の記録である。身近な山が取り上げられ、よくまとまっていて読みやすく、文章の修業になる。
 

諸塚山の登山口

登山道脇のアケボノツツジ
諸塚山の山頂  雨具をつけて登った
諸塚山山頂にて

広い池の窪グリーンパークの室内
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 皆さんにご紹介したい本があります。葦書房から4月に発行された春日明さんの
「ぶらり九州山めぐり」という本です。単身赴任中に登った九州の山々とエピソード
を日記調に書き留めた内容になっています。実は、その中に馬口岳とせいさんの紹介がされています。是非、ご購入の上、お読み下さい。HPに掲載されている内容のものが「せいさんの手紙」という形で紹介されていますよ。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 水流渓人さんところは魅力的な一家だ。親子6人で行動されていた。ヨシキが水流渓人さんと二人で話し込んでいた。水流さんは野性的な人だ。家族4人で登山やキャンプを精力的になさっている。ヨシキも水流さんを尊敬しているようだ。「水流渓人のページ」というホームページをお持ちだ。
 遊也さんは祖母・傾・大崩、屋久島など九州南部の山々のエキスパートだ。ホームページもお持ちになっている。この後、やまびこ会に入られた。

 よしさんのお父さんのお話を楽しく伺った。熊本日日新聞社の『熊本百名山』やシュートさんの看護日記のことから、新聞記者の文章は読みやすいという話になった。よしさんのお父さんは熊日新聞の記者で『熊本百名山』の著者の一人だ。阿蘇や天草のたくさんの山を執筆されている。100山のうち28山の執筆だから大したものだ。奥さんともお話したが、気さくな方だ。よしさんの家族登山の実践は「九州の山へ来なっせ」というホームページにまとめられている。先日は家族で阿蘇杵島岳に登られている。
 シゲさんは小1のだいちゃんと二人だった。私とは初対面だ。太宰府市にお住まいだ。「シゲの丸太小屋」というホームページをお持ちだ。父子二人で見えられたので、私はかつてヨシキと二人で山を歩いていた頃のことを懐かしく思い出していた。この時に誤って私はだいちゃんの靴下を持ち帰ってしまった。

 百名山さんは白岩山、祇園山に一人で登って見えられたらしい。山と渓谷社の『九州百名山』の完登を目指しているとのこと。『福岡県の山歩き』を購入していただいた。お子さんが高校生で演劇部に入っているということで、驚きだった。

 ヤマメ11さんは午後7時に北九州を出発されて11時に到着された。夜間の山道の運転でお疲れさまでした。その名の通り、渓流釣りの達人のようだ。先日、福智山でもお会いした。
 COCOさん、ゆきさん、リンゴさんは宮崎支部で食材の準備や調理、会計など面倒な仕事を一生懸命なさっていた。延岡市や西都市にお住まいの由。本当に大変でした。頭が下がります。やまびこ会の人たちは係になられたら本当に一生懸命みなさんの世話をなさってい。

 子供たちも興奮してなかなか寝なかった。よしさんところや水流渓人さんところのお子さんはこういうことに慣れているようだったが、ふだん9時半に寝ているうちのヨシキとユリは非日常的な体験に舞いあがっいた。ユリはベッドで、ヨシキは寝袋で寝た。

 翌朝起きると、雨が降っている。今日の登山はどうだろうか。バンガローのガスレンジが使えなかったが、持参のコンロでお湯が沸かされ、朝食の準備が進む。よしさんところの3人姉妹がよく手伝っていたのが印象的だった。おにぎりと漬物、味噌汁が美味しい。
 食事を終えて、7時半に我々は失礼する。六峰街道を走るが昨日よりも視界がきかない。天気は確かに悪くなりそうだ。五ヶ瀬町から矢部町に出て、通潤橋に立ち寄り、松橋インターから高速道路利用で甘木に11時半に到着した。

 この日は結局雨の中の登山になったらしい。当日参加の人も何名か。登らずに待っていた人も多く、寒いので焚き火をして暖を取っていたようだ。運転で道に迷った人が出て、遊也さんが捜索に大活躍なさったらしい。参加者はみんな満足して帰られたようだ。水流渓人さんの画像掲示板に掲載された笑顔の集合写真を見て、諸塚山にやまびこ会の人たちと一緒に登りたかったと残念に思った。
人生を語る水流さんとヨシキ

トップページへ戻る    登山日記目次へ戻る