高良山  〜久留米市〜

            2001年4月22日(日) 高良山 ヨシキ・ユリ
      王子宮(10:20)→(10:50)高良山森林公園(11:45)→(12:05)王子宮

 高良山は我が家のファミリー登山の原点の山である。ヨシキ、ユリが小さい頃から何度も登ってきた。最初に登ったのがヨシキが3歳になる直前なので8年間付き合ってきたことになる。二人の体力がついてきて、色々な山に登るようになって、最近ではあまり来なくなっていた。1999年3月以来2年ぶりである。この日は山ネット九州のオフ会が九千部山の頂上で開催されていた。バーベキューをやるとのことで、是非参加したかったが、背振山、福智山、平尾台と3週連続登山のヨシキ・ユリは登山を嫌がっていた。クレヨンしんちゃんの映画が公開されたこともあり、子供を山嫌いにさせないためにも今日は無理をしないことにした。  
 サンポー焼き豚ラーメンの用意をして、久留米に向かう。最初に山川町の夏目漱石記念碑に立ち寄る。ここでデジカメを使って記念撮影。
 
  親方と呼びかけられし毛布かな

 王子宮の駐車場から歩く。雨上がりで高良山の自然がみずみずしい。親子連れの登山者に出会う。ヨシキ・ユリが小さい頃はこの山に登るのも大変だったが、今日は難なく30分ほどで登頂する。

 ツツジが満開の森林公園は大変な人出だ。駐車場は満杯で路上駐車も多い。たいていの人は車でここに来ている。我々は山頂の夏目漱石記念碑に行く。

   菜の花の遥かに黄なり筑後川 
 ここでガスコンロでサンポー焼き豚ラーメンを作る。しばらく憩いのひとときだ。ヨシキ・ユリは走り回っている。デジカメで写真を撮ったりもしている。
 
 下山は走るようにして降りる。下りでは登山者にほとんど会わなかった。高良山に歩いて登る人は少ない。この後、久留米インターから鳥栖インターまで高速道路を走り、筑紫野東急の映画館ででクレヨンしんちゃんの映画を見せる。私はこの間のんびりしていた。中にある100円ショップにも立ち寄る。夕方から、母親も一緒に家族4人で原鶴温泉泰泉閣に行く。汗を流し、柿アイスを食べて極楽気分の一日だった。

 漱石記念碑の写真をデジカメの達人で編集してサイズを小さくすることにようやく成功した。これをメールで送ったり、熊本市のよしさんや宮崎県西都市の水流渓人さんのホームページに投稿した。水流渓人さんの投稿写真コーナーに掲載していただいた。 

追分登山口の夏目漱石句碑

高良山頂の夏目漱石句碑
 

トップページへ戻る   登山日記目次へ戻る