目配山       〜福岡県三輪町〜

             二〇〇一年一月一日(月) 目配山 ヨシキ・ユリ
            大己貴神社(5:50)→(7:10)目配山(7:30)→(8:35)大己貴神社

 昨年の元旦は初日の出を見ようということで、ヨシキと二人で目配山に登った。今年はユリと三人での登山をもくろんでいた。事前の天気予報では初日の出は拝めそうだ。五時に起きて準備をする。五時一〇分に二人を起こすと意外にあっさり起きてきた。暗い中を大己貴神社に向かう。準備をして出発する。ヘッドランプを付けて歩く。去年ヨシキと二人で歩いたときより調子がいい。ユリががんばっている。
 昼間は何でもないが、暗い中では危険な所もあるので注意しながら歩く。ヨシキが木の根っこにつまづいて転んだりした。途中で休憩しながら、登りでは誰とも会わずに七時一〇分には着いた。初日の出ぎりぎりだった去年より一〇分早く着いた。
 
   頂上には昨年同様百人ほどの人がいた。ココアを作って飲む。由幾と百合は大勢の人の中を元気に走り回っている。初日の出の時間になったが、雲が厚く太陽を拝むことが出来ない。初日の出が見れないのは残念だが仕方ない。写真を撮って下山することにした。三輪町太鼓の音が聞こえる中を降りていった。

 下山時は明るくなっているので、ヘッドランプはいらない。我々が一番に降り始めたが、十人ほどの人たちに追い越された。地元の三輪町の人が多いようだった。
 自宅に帰り、母親が作ってくれたお雑煮をおいしく食べた。この後は年始のために熊本市に向かう。家族四人で北岡神社に参拝した。
目配山の頂上で初日の出を待つ

トップページへ戻る    登山日記目次へ戻る