岩石山     〜福岡県添田町〜

            二〇〇〇年一二月二四日(日) 岩石山 ヨシキ・ユリ
  岩石城(10:35)→(11:50)岩石山(12:40)→鷲越え→(13:10)岩石城

 ヨシキ・ユリと田川郡添田町の岩石山に登った。『福岡県の山歩き』にホシノさんが書かれていた。この山は英彦山の近くにある。甘木から小石原を通って行く。添田公園から車道を登る。岩石城の近くの路上に駐車する。しばらく車道を歩き、標識を見て登山道に入る。ところが道が荒れている。道幅は狭いし、滑りやすく風情がない。苦しいだけで面白くない。何だこの山はと思いながら頑張って登るが、なかなか着かない。やがて奥の院の休憩所に出る。ここでおやつを食べる。鳥居から降りる他の道があり、メインルートでないところを登ってきたことが分かる。

岩石山の山頂にて
   ここからは登りやすい。すぐに標高四五四メートルの岩石山の頂上だ。国旗が翻っていて、ヨシキが「あっ、日本のハタだ」と叫んでいた。

 頂上には新しい展望台が設置されている。ここで昼食にする。中村屋のおにぎりを食べる。ヨシキ・ユリは展望台の階段の手すりを滑り台にして遊んでいる。そこへ一組の夫婦が登ってこられた。下関から来られたということで、先日六ヶ岳に登られたという。娘さんは大学生で槍ヶ岳に登ったりしているとのこと。ヨシキ・ユリに「きついのに頑張って登ったねえ。偉いねえ」と声をかけてくださった。

 下りは「緩やかな道」との標識があった鷲越えルートを降りる。自然林の中でみずみずしい感じがした。登りが殺伐としていただけに、下りは気持ちが良かった。しかも、車道に出るとそこは岩石城の近くで、すぐに車にたどり着くことが出来たのもよかった。

 このあと、英彦山温泉シャクナゲ荘に寄った。のんびりと汗を流し、高校駅伝で大牟田高校が優勝するところをテレビで見て、帰途についた。 

トップページへ戻る      登山日記目次へ戻る