宮地岳         〜福岡県筑紫野市〜

            二〇〇〇年一一月二六日(日) 宮地岳 ヨシキ・ユリ
          旭化成工場(8:35)→(9:20)宮地岳(9:45)→(10:15)旭化成工場

 晴天の日曜日。昼間は気温も高くなりそうだ。ヨシキ・ユリと登山をすることにした。二人とも英彦山に登りたいと言っていたが、ヨシキが午後から友達と遊ぶ約束をしていて、近場の山に登ることになった。近くの山でヨシキ・ユリが登ったことがない山ということで、二週間前に私が登った筑紫野市の宮地岳に登ることにした。

 旭化成工場に駐車。日曜日なので稼働しておらず、場内はひっそりとしている。ただ土木工事は行われている。車道から自然歩道に入る。最初は草が高く茂っているところがあり、ヨシキ・ユリには歩きにくい。

 左側が崖になっているところは用心して歩くように注意するが、二人とも怖がらずに歩いていた。水場のところで休憩する。午前中で降りてくるつもりなので、弁当は持たずにおやつをたくさん準備してきた。三人でミルクパンを食べる。

 これから急な登りだ。一気に登ると祠がある。そしてすぐに山頂だ。天気がいいのだが、ほとんど日も差さないので写真を撮って祠まで戻る。ここは日差しがあって、ポカポカしているところもあり、おやつを食べてのんびりする。この山は全く展望がないのが残念だ。

 下山にかかる。下りは滑りやすいところもあるので用心して歩く。ヨシキ・ユリは何度か石につまづいたりしていたが、やがて登山口にたどり着いた。

 下山後に山家にあるマンガ喫茶に行った。ヨシキ・ユリは「ちびまる子ちゃん」を読んでいた。その後で甘木のガストで昼食。午後は私は喪中ハガキを書いていたが、ユリが根気強く切手貼りをしてくれた。


  

トップページへ戻る     登山日記目次へ戻る